PayPay銀行は、日本で最初にできたネット銀行であるジャパンネット銀行を前身とした銀行です。名前は新しく感じますが、「日本で最も営業年数が長いネット銀行」の1つです。

住宅ローンはジャパンネット銀行として営業していた2019年7月に取り扱いを開始していて、取り扱い開始当初から変動金利や10年固定金利などを中心にした低い金利設定と利用負担が少ない疾病保障サービスが特徴です。

商品性も改善されていて、2021年にがんと診断された時に住宅ローンの残高が半分になる「がん50%保障」が無料でセットされるようになりました。もともと金利の低さは魅力的でしたが、疾病保障の手厚さも加わり、総合的な魅力が高まっています。

なお、この記事では、PayPay銀行の住宅ローンの金利引き下げキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどについて紹介しています。細かい住宅ローンの商品性や、利用条件や審査基準については触れていませんので、公式サイトや他の解説記事などを参考にしてください。

なお、筆者もできるだけ新鮮で、正確な情報を提供できるように努めていますが、必ずしも最新のキャンペーン情報やキャンペーンコードを紹介できている保証はないので、PayPay銀行の住宅ローンの公式サイトなどで最新情報を確認してから申し込みするようにしてください。

PayPay銀行の住宅ローン

PayPay銀行の住宅ローンのキャンペーンコード

PayPay銀行の住宅ローンのキャンペーンは、条件を満たしていれば自動的にキャンペーン特典が適用になることが多く、事前にキャンペーンにエントリーが必要だったり、キャンペーンコードのようなコード情報の入力が必要なキャンペーンを実施していることはあまりありません。

今月も、事前エントリーが必要なキャンペーンは実施されていませんでした。(当サイト編集部調べ)

ただし、キャンペーンコードを入力したり、事前エントリーが必要なキャンペーンが開始される可能性は否定できないので、最新のキャンペンの状は下記のサイトなどで事前確認するようにしましょう。

金利引き下げキャンペーンが開始!PayPay銀行では2022年12月1日から変動金利の金利引き下げキャンペーンを開始しています。

借り換え、新規借り入れの両方の金利が引き下げになるキャンペーンに仕上がっています。特に変動金利で住宅ローンの契約を考えている方にとって非常に魅力的なキャンペーンになっていますので、必ずチェックしておくようにしてください。

 

過去のキャンペーンやキャッシュバック企画

時期内容
2022年7月1日(金)~2022年9月30日(金)変動金利を引き下げ(借り換え限定)
2022年1月4日(火)~ 2022年3月31日(木)住宅ローン借入額の0.2%をキャッシュバック
2021年7月1日(木曜日)~2021年9月30日(木曜日)2,000万円以上の借り入れでもれなく1万円キャッシュバック
2021年1月4日(月曜日)~2021年4月2日(金曜日)住宅ローンの借入金額に応じて、キャッシュバック(借り入れは10万円単位)  

2,000万円~2,990万円:4万円
3,000万円~3,990万円:6万円
4,000万円~4,990万円:8万円
5,000万円~5,990万円:10万円
6,000万円~6,990万円:12万円
7,000万円~7,990万円:14万円
8,000万円~8,990万円:16万円
9,000万円~9,990万円:18万円
10,000万円~10,990万円:20万円
11,000万円~11,990万円:22万円
12,000万円~12,990万円:24万円
13,000万円~13,990万円:26万円
14,000万円~14,990万円:28万円
15,000万円~15,990万円:30万円
16,000万円~16,990万円:32万円
17,000万円~17,990万円:34万円
18,000万円~18,990万円:36万円
19,000万円~19,990万円:38万円
20,000万円:40万円

2020年7月15日(水曜日)~2020年9月30日(水曜日)1,500万円以上の借り入れでもれなく5万円キャッシュバック

PayPay銀行の住宅ローン関連記事