フラット35の取り扱いシェアで12年連続で圧倒的なシェアで1位を獲得しつづけている金融機関がARUHIです。

ARUHIは近年もフラット50の取り扱いなど新商品や新サービスも開始していて、継続的にサービス強化を行っています。

この記事ではARUHIのフラット35に申し込む途中に登場するキャンペーンコードについて解説したいと思います。

ARUHI(アルヒ)のフラット35について

ARUHIは国内各地に住宅ローンを相談できる店舗を展開しています。加えて、インターネット(ARUHIダイレクト)経由の住宅ローン申し込みで手数料を割り引きを行うケースもあり、店舗での相談とネット申込の両方に力を入れている金融機関です。

ARUHUのフラット35
2022年10月にフラット35の仕組みが大幅変更
2022年10月にフラット35は大きく生まれ変わっています。ZEHと呼ばれる優良住宅への対応など、住宅の性能などをポイント制にし、そのポイントによって金利引き下げ幅が変更になる仕組みが採用されています。

少し制度が複雑になりましたが、メリットが大きい変更になっています。フラット35を利用する前に最新の制度を確認しておくようにしましょう。

フラット35の最新の制度について詳しくはこちら

ARUHI(アルヒ)のキャンペーンコード/2023年

それでは本題に入りたいと思います。

ARUHIダイレクトで申し込みを進めていく申し込み画面の途中に「キャンペーンコード」という入力項目があります。仮にキャンペーンコードを入力することで金利が割引されたり、オトクなサービスを利用できるのであれば利用しない手はありません。

ARUHI(アルヒ)の最新キャンペーンを確認

2023年1月19日時点での筆者の調べでは、ARUHIのキャンペーンコードの入力が必要なキャンペーンの実施は確認できませんでした。ただし、新しいキャンペーンがいつ始まるかは分かりませんし、キャンペーンコードの入力を忘れるとキャンペーンを利用できなくなってしまう可能性があるので、以下から最新のキャンペーン実施状況を確認してから申し込みを完了するようにしましょう。

ARUHIの最新キャンペーンの確認はこちら

ARUHIダイレクトの融資事務手数料半額キャンペーン

キャンペーンコードの入力欄について

以下はARUHIのフラット35を申し込むためのマイページ登録画面で、赤い枠線で囲った箇所がキャンペーンコードの入力欄です。(登録画面のレイアウトは変更になっている可能性があるので注意してください)

アルヒのマイページ登録画面

「キャンペーンコードをお持ちの場合は入力してください」と丁寧な注意書きまで書かれていますので、入力欄を見逃すことはないでしょう。むしろ気になって仕方ないと思います。

ARUHIダイレクトのマイページ登録はこちら

ARUHI(アルヒ)のキャンペーンコードの入手方法は?

現時点でキャンペーンコードが必要なキャンペーンの実施は確認できなかったですし、最近は少なくとも誰でも利用できるキャンペーンコードは配布されていない様子です。

数年前になりますが、ARUHIを利用している人が友人・知人にARUHIの住宅ローンを紹介する仕掛け(紹介キャンペーン)で、キャンペーンコードが配布されていたことがはありました。

再びそれらのキャンペーンが再開される可能性は否定できません。当サイトでも定期的にチェックしてこのページで紹介していきたいと思いますが、皆さんも申込を完了する前に以下の公式サイトなどで最新のキャンペーン情報を確認しておくようにしてください。

ARUHI公式サイト

キャンペーンコード不要なキャンペーン

 2023年1月19日時点の筆者の調べでは、キャンペーンコードの入力の有無を問わず、ARUHIで実施中の住宅ローンのキャンペーンは確認できませんでした。

ARUHI(アルヒ)のキャンペーンの記録・履歴

参考までに、ARUHIが過去に行っていたキャンペーンをいくつか紹介しておきます。いずれも、今実施しているキャンペーンではないので注意してください。

キャンペーン年月日キャンペーン内容
2021年12月1日~2022年3月31日ARUHIの住宅ローンと全疾病保障を利用した方に最大10万円キャッシュバックキャンペーン!
2019年11月18日~2019年12月30日ARUHIスーパーフラットを利用した方の中から抽選で100名に10万円の家具購入チケットをプレゼント
2019年8月26日~9月30日ARUHIスーパーフラットを利用した方の中から抽選で100名に10万円のJAL旅行チケットをプレゼント

今、特に注目したい住宅ローン3選!

銀行名特徴
auじぶん銀行がん診断保障と全疾病保障が無料でついてくる低金利住宅ローン。特に変動金利と10年固定金利の低金利に注目したい。事務手数料2.20%(税込)、保証料無料、一部繰上返済手数料無料、ペアローン・ミックスローン対応、諸費用の借り入れ可能。

詳しくはこちら

ソニー銀行がん診断保障が無料でついてくる住宅ローン。事務手数料・保証料など初期費用を徹底的に抑えられる住宅ローンに加えて、変動金利や固定金利の金利の低さにこだわった住宅ローンも提供。

詳しくはこちら

SBI新生銀行事務手数料格安・保証料無料・一部繰上返済手数料無料。変動金利の金利の低さにこだわった「変動フォーカス」も提供。

詳しくはこちら