住宅ローンの審査に通るかどうかは気になるポイントだが・・・

住宅ローンの審査に通ればOKではありません。

今回は「住宅ローン審査に通ればそれでいいわけではない」ということについてお伝えしていきます。

家を購入する際には、あなたも含めてほとんどの方が住宅ローンを利用されると思います。

このとき、果たして自分は住宅ローンの審査に通るのだろうかいうところは、多くの方が気になる点だと思います。

もちろん審査に通らなければ家を買うことはできませんので、審査に通るかどうかということは大事な点であることは間違いありません。

住宅ローン審査に通るかどうかが問題ではない

しかし、審査に通るかどうかということについてはそれほど考る必要はありません。それよりも、きちんと支払っていける返済額なのかどうかということをしっかりと考え、その観点から借入額を考えてみてください。

なぜかというと、住宅ローンの審査に通るということは、あなたが毎月きちんと住宅ローンを支払って、なおかつきちんと貯金ができて、普段の生活でも問題がなく、さらに子どもの学費などについてもしっかり支払っていくことができるというお墨付きをもらうことではないからです。

あくまで銀行などの金融機関側が、この金額の住宅ローンぐらいはなんとか払えるのではないか、という判断をしているだけにすぎないということなのです。

例えば年収が500万円の人がいたとします。この人がフラット35で住宅ローンを申し込もうとした場合、4,500万円までの借入が可能になります。そのため、4,500万円も借りられるんだと思われるかもしれません。しかし、実際に4,500万円も借りていいのかどうかというと、これは別問題です。

kariire

年収が500万円の場合、手取りの年収は約400万円ぐらいだと思います。これを12ヶ月で割ると、毎月の手取り収入は約33万円になります。4,500万円の住宅ローンを借りた場合、月々の返済額は約14万5,000円です。さらに固定資産税が仮に1ヶ月あたり1万円かかるとすると、毎月約15万5,000が家のために消えていくことなります。

ということは、残った16万5,000円で生活をして、お金を貯めて、さらに子どものためのお金も払ってということになりますね。これはなかなかきつい生活のような気がします。でも住宅ローンの審査は4,500万円でも通るので、お金は貸してくれるということなのです。

この例を見てわかる通り、審査に通ればそれでよいというわけではありません。審査に通るかどうかだけではなく、あなた自身が実際に払っていける金額なのかどうか、という観点から住宅ローンの借入額を考えてみてください。

実際の審査では、あなたが払っていけるだろうと思う金額で審査に通らないことはほぼないと思っていただいてよいと思います。

住宅ローン審査に通らない原因とは?

過去にクレジットカードの支払いで延滞がたくさんあるとか、債務整理をしたとか、自己破産をしたとか、そういった特別な事情がない限り、払っていけるだろうという金額に設定しておけば、借入額多いという理由で審査に通らないということは、ほとんどないと思っていただいてよいかと思います。

住宅ローン審査に通らない原因について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

え?こんな理由で?住宅ローン審査に通らない5つの意外な原因

ですから、審査に通るかではなく、払えるかどうかという視点で借入額を設定してください