銀行住宅ローンを借りる場合は大体団体信用生命保険が必須条件になっています。
団体信用生命保険も生命保険の一種なので加入に当たっては過去の病歴等について告知する必要があります。
この告知内容に該当した場合は団体信用生命保険に加入できない場合があります。
事前にチェックして、「他の住宅ローン借入手続きは全部終わったのに、団体信用生命保険に加入できずに住宅ローン借入ができなかった」みたいにならないようにしましょう。
治らない病気や治療を続けなければいけない病気であれば仕方ないと思います。
しかし、治療可能な病気であれば治療してから3年経過後に申し込むようにすれば告知書に記入する必要がないので加入できるようになります。
病気を治しながら頭金を貯めていきましょう。

団体信用生命保険についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

たったこれだけ?住宅ローンを団信なしで借り、50万円節約する裏ワザ
住宅ローンを借りるためには団信に入るのが必須だと思われているかもしれません団信とは団体信用生命保険の略で、住宅ローンの借り主が死亡した場合に住宅ローンの支払...