ARUHI(アルヒ)の仮審査・事前審査で留保となる方が一定数います。

筆者も過去2回、ARUHIのフラット35に申し込みをし、2回とも留保が出た経験があります。いずれも本審査では問題なく審査に通過し住宅ローンを組むことができました。

2回目の留保のときは、審査落ちではないのだから、ラッキーと思った記憶があります。

今回はARUHI(アルヒ)の仮審査・事前審査で留保となった場合の対策について考えて行きたいと思います。

ARUHIのフラット35の確認はこちら

そもそも「留保」とは?

ARUHIの仮審査の結果として「承認」「留保」「否決」の3種類が存在しています。ネット上の口コミを見ていると、「留保」となる方が相当数いらっしゃるようです。

留保とは、本審査でより細かく審査書類などを用いて審査を行うという金融機関の判断ですので、「承認」でなかったと過度に落胆する必要はありません。フラット35の仮審査では信用情報機関への照会が行われていますので、仮審査時に申告した内容に間違いや偽りがない限り、基本的には本審査で承認されると考えてよいでしょう。

また、本審査に通る見込みが無ければ仮審査のタイミングで「否決」となっている点も強調しておきたいと思います。

アルヒの留保

参考;ARUHIからの「留保」の案内

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン審査の流れ

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン審査の主に下記の3種類の方法が存在しています。

 

①店舗で仮審査申し込みをして、本審査も店舗で行う

②ARUHIダイレクトで仮審査申し込みをして、本審査は店舗で行う

③ARUHIダイレクトで仮審査申し込みをして、本審査もARUHIダイレクトで行う

 

ARUHIダイレクトで仮審査申し込みから契約締結まで行うとスーパーフラットを除き、融資事務手数料が1.10%(税込)となる割引が適用されますが、ARUHIダイレクトで契約まで終わらせようと知ると、1ヵ月半程度の時間が必要となる点が大きなデメリットと言えます。

ましてや、仮審査で「留保」となった場合に本審査の結果を何週間も待たされて、不安な気持ちを引きづる事となってしまいます。

ARUHIのフラット35の確認はこちら

ARUHI(アルヒ)の留保の対策

ARUHI(アルヒ)の事前審査で「留保」となった場合の対策としては、下記の2つシチュエーションが想定されます。

店舗で事前審査を行っている場合

事前審査に続き、ARUHIの担当者にコンサルティングをしてもらいながら、本審査用の書類を収集し、提出を行いましょう。

場合によっては、定められた審査書類以外の追加書類の提出を求められる場合もあります。フラット35は民間の住宅ローンの異なり、経営者であっても会社の決算書が不要であったりと必要書類が少ないほうと言っても良いですが、個々人の確定申告書の内容によっては、追加書類の提出が求められますし、そもそもそうした書類が手元にないなどの状況もありえますが、ここはがんばって再発行の依頼をかけたりとやるべきことを粛々とこなしていく姿勢が重要です。

ARUHIダイレクトで事前審査を行っている場合

融資事務手数料を抑えたい、来店不要型ですませたいなどの理由でARUHIダイレクトを使っている方でも、本審査のタイミングで店舗での申し込みに切り替えることをオススメします。

「留保」となったことは、提出書類を含めより詳しく審査をしたいという審査結果ですから、対面でしっかりとサポートしてもらいながら本審査に望んだほうが良い結果が得られる可能性が高いでしょう。

なお、2019年に入りフラット35の不正利用が問題となっており、対面での本人確認、物件に関する確認が重視される流れも無視できません。

ARUHIの来店予約はこちら

フラット35の審査は厳格化の流れ?

公的な住宅ローンとして、個人事業主・自営業、会社経営者、パート・アルバイト、契約社員など、正社員以外の働き方をしている方にとって、貴重な住宅ローンであるフラット35も2019年に入り、不正利用が大きな社会問題となっています。この問題はフラット35を投資用の物件の購入に利用していたなど、本来、居住用としてフラット35を申し込んでいる方には関係のない問題ですが、審査がより慎重に行われるようになるきっかけができたと言ってよいでしょう。

ただし、慎重になったといってもあくまで居住用と偽り、投資物件を購入しようとするルール違反者を排除するためのもので本質的な意味でフラット35の審査が厳しくなるわけではありません。

フラット35の本審査に進むのにもまずは事前審査を終わらせる必要がありますので、ARUHIダイレクトを使い1-2営業日で結果回答をまずはもらうがよいでしょう。

お仕事が休みの週末を待ちARUHI店舗を来店するより、ARUHIダイレクトを利用しすぐに事前審査を開始できればその後の流れもよりスムーズです。(本審査以後は店舗で行うのが審査期間が早くてオススメ)

ARUHIダイレクトでの事前審査はこちらから

 フラット35の不正利用・不正融資