無料相談フォームに相談をいただいたので回答しました。
相談内容は以下の通りです。

 

 中古戸建を購入予定中に

肺結核と診断されました

もちろん団信は全て否決

これからワイド団信の申し込みをする予定です

ワイド団信が全て否決なら

住宅ローンは諦めた方がいいでしょうか?

そんなことはありません。
ワイド団信がだめなら団信に入らないという選択ができます。

その場合、住宅ローンの選択肢はフラット35のみになります。
フラット35は団信への加入が任意です。
そのため、加入せずに住宅ローン審査を通せます。

しかし、もちろんですが団信の保障がないことは承知の上で行ってください。

もう一つは肺結核を告知せずに団信の審査を通すことです。
この場合、団信への加入はできます。住宅ローンの審査も通ります。

しかし、死亡した場合調査で告知義務違反が見つかった場合
死因が肺結核に因果関係があるものであれば保障はありません。
一方、交通事故など告知義務違反をした項目に因果関係がなければ支払われます。

住宅ローンを通してマイホームを持つことはできますが、
いずれにしても団信の保障はないか、制限があることを承知の上で行ってください。

 

あなたはどれだけ正解できますか?

団信の診査通過は住宅ローンを借りる上で絶対条件ではない

一般的な銀行は住宅ローンを借りる際に団体信用生命保険へ加入することが義務づけられています。しかし、みんながみんな健康なわけではありません。中には健康状態が問題で団体信用生命保険に加入できない人も居ます。そんな人のために、ワイド団信といい、団体信用生命保険よりも診査基準が緩い団体信用生命保険があります。

一般の団信に加入できなければ、もうワイド団信の選択肢もないというわけではありません。ワイド団信を利用する場合、多くの銀行で住宅ローン金利が0.3%高くなります。そのため、健康状態に不安があったとしてもまずは一般の団信の診査を受けましょう。それでダメならワイド団信の診査を受けるという流れになります。

ただ、ワイド団信も必ず通るというわけではありません。こちらも診査がありますから通らない可能性もあります。ワイド団信も通らない場合は、団信加入が必須出ない住宅ローンを借りるという選択肢があります。

団信加入が必須出ない住宅ローンはフラット35です。フラット35は団信加入が任意なので、団信に加入しなくとも住宅ローンを借りることができます。

健康状態に不安がある場合、団信に対する選択肢は次の4つ

  1. ダメ元で通常の団信の診査を受ける
  2. ワイド団信を選ぶ
  3. 団信に加入せずフラット35を借りる
  4. 告知義務違反で団体信用生命保険に加入する

4番目の告知義務違反とは、病歴などについて告知せずに団信の診査を受けることです。通常保険会社は記入された書類しか見ませんから、書類上問題なければ診査に通ります。

しかし、告知義務違反などがあれば、死亡するなどでして団体信用生命保険から支払いを受けるときに不利になってしまいます。

告知義務違反が団信の保障に与える影響などについては、こちらの記事で詳しく説明しているのでこちらをご覧ください。

糖尿病の人が団信の問題を解決して住宅ローンを借りる4つの方法