住宅ローンに車のローンや家具のお金を混ぜたい・・・できる?

車のローンを抱えたままだと住宅ローンの審査に通らない…

car-247938_640

家がほしいけど、頭金がない。このまま家を買っても新しい家具や家電を買う余裕もない。車のローンが残っているから住宅ローンが通らない。

あなたももしかしたらこういう悩みを抱えているかもしれません。
そこで、家具や家電を買うお金やクルマのローンを住宅ローンに組み込めないんだろうか?と考えるかもしれません。

果たしてそんなことができるのでしょうか?

結論から言うと、これはできます。原則的にはできないことですが、現実的にはできますし、多くの方がされていることです。

なぜできないかというと、住宅ローンは家を買うためのお金であり、建物と土地、それから諸費用以外の目的では融資をしないというのが原則だからです。ですから、家具代や車のローンは住宅ローンの対象にはなっていないのです。

ただしそれは建前で、現実的にはこれらを住宅ローンに含めることは可能です。どうするのかというと、家の値段を水増ししてもらうのです。頭金が全然ないとか、車のローンが残っていて住宅ローンの審査が通らないという状態であれば、恐らく工務店さんや建築会社さんのほうから、ではこれは住宅ローンに混ぜましょうという提案をされると思います。

ではそういったことをしてもよいのかということですが、私は大丈夫だと思います。ただし、住宅ローンをきちんと払っていけるということが大前提としてあります。

家具代や車のローンを住宅ローンに混ぜてもきちんと払っていけるのかどうか、払っていくだけではなく、そのあとの生活も問題なく送れるのかどうかという見通しを立て、問題ないということであればこうした方法と取ってもよいのではないかと思います。

厳密に言うと違法

ただし、これは厳密に言うと脱税というか違法になるようです。なぜかというと、住宅ローンを借りると住宅ローン控除を受けることができ、これは残っている住宅ローンの残高に対して所得税や住民税が減免されたり還付されたりする制度ですが、この額が変わってしまうからです。

家具代や車のローンを混ぜるということは、それだけ住宅ローンの借入額が大きくなるわけですね。ということは、住宅ローンの返済に使っていない金額があるにもかかわらず、住宅ローン控除として控除を受けられる額が大きくなるということです。

ですから、現実的には行われていることなので個人的には特に問題はないと思いますが、家のために借りたお金ではない部分で控除を受けるということで、脱税や違法とされる部分があることだけは気に留めておいていたほうがよいかと思います。

クルマのローンと住宅ローン、得なのはどっち?

クルマのローンを住宅ローンに組み込んだ場合と、クルマのローンをそのまま払い続けた場合とでは、どちらが得なのか?という疑問もあるかもしれません。

住宅ローンの金利のほうがクルマのローンの金利よりも低い場合がほとんどなので、クルマのr−ンを住宅ローンに混ぜたほうが得な気がします。果たして本当にそうでしょうか?

仮に、クルマのローンが200万円、5年だとします。金利は3.9%です。毎月の支払は36,742円です。そのまま払い続けた場合は利息を約20万円支払う事になります。

kuruma1

では、この200万円を住宅ローンに組み込んだらどうなるでしょうか?住宅ローンの条件は35年返済、金利は2%だとします。この条件だと、利息は78万円になりました。毎月の支払は6,625円になります。

kuruma2

なぜ、住宅ローンの金利のほうが低いのにクルマのローンをそのまま返すよりも、住宅ローンに組み込んだほうが余分な利息を支払うことになるかというと、期間が長いからです。クルマのローンが5年に対し、住宅ローンは35年です。金利は住宅ローンのほうが低くても、期間が長いのでクルマのローンを払うよりも多く利息を払うようになります。

住宅ローンに組み込んだほうが損です。しかし、それが問題ではありません

確かに、クルマのローンや家具や家電を買うお金を住宅ローンに組み込むと余分なお金を支払うようになります。つまり、お金を損するということです。

しかし、住宅ローンの借りれ額を減らしたり、損をしないようにする目的は何でしょうか?手元にお金を多く残す目的は何でしょうか?欲しい物を手に入れる、ゆとりある生活を送るためだと思います。

では、クルマのローンや家具や家電を買うお金を住宅ローンに組み込んで余分な住宅ローンの利息を払ったとしても、あなた自身がきちんと住宅ローンの返済ができて、学費の準備や普段の生活も問題なく送れるということであれば、住宅ローンの借入が増えたって問題ありません。

重要な事は住宅ローンを支払っていけるのか?その後の生活はカツカツでお金にも気持ちにも余裕が無いような生活にならないのか?ということです。

これを判断するために、家を買う前にキャッシュフロー表を作っておくというプロセスは非常に大事なことです。

キャッシュフロー表や予算設定について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

予算オーバーだけじゃない!予算設定の2つの失敗とは?

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中川優也

「理想の家と豊かな暮らしを両方手に入れるためのコンサルタント」 子どもの時から母子家庭で育ち、お金で苦労をする。「お金の苦労を終わらせる!」という決意の元、お金に関するあらゆることを学習、実践する。ついにオリジナルの誰でもお金持ちになる方法を開発。 500件を超えるコンサルティングを行い、多くのクライアントが理想のマイホームとお金に不安のない暮らしを実現している。北海道から沖縄まで、全国から多数コンサルティング依頼を受けている。