財布には大金を入れるようにしましょう。そうすることで2つの良いことがあります。

まず、1つ目はお金があればあるほど不安な気持ちになるということを体験できます。財布の中身が1,000円の時と30万円の時で、気持ちがどう変わるか観察してみて下さい。
きっと、1,000円の時だと「なくなったらどうしよう。」という気持ちは無いか、小さいと思います。しかし、30万円になると「なくなったらどうしよう。」「財布を落としたらどうしよう。」という気持ちが強くなるのではないでしょうか。

お金はたくさんある方がいいですよね。でも、なぜたくさん財布に入っている方が不安になるのでしょうか?これは、お金を守ろう守ろうとする気持ちの表れです。金額が大きくなればなるほど、それを失ったときの痛みが大きくなるので、「なくなったらどうしよう。」「落としたらどうしよう。」「誰かに盗られるかもしれない。」という気持ちが大きくなるのです。

そう思う人は、お金の不安を解消するために一生懸命貯金に励んでみるんですが、たまれば貯まるほど不安な気持ちが強くなってしまう人です。

 

別に落としたってなくしたっていいじゃ無いですか。誰かに寄付したと思えば。あなたの代わりに誰かが使って喜んでますよ。
また、財布に入るくらいの金額のお金くらい、すぐ取り返せるものです。

自分が得られるお金には限りがあると思っていると、「お金を損した!」とか「なくなった!」と思ったり、そうならないように神経をとがらせておかないといけなくなります。

しかし、あなたが得られるお金に限りはありません。
「そんなこと言ったって、今の仕事だと年収の限界はこれくらいで、、、どうのこうの」と思いたくなるかもしれません。
しかし、これは逆です。あなたが「自分が得られる収入はこれくらいだ。」という思いが今の職業を選ぶことになっているのです。あなたが今の職業を選んだから○○万円しか稼げないのではなく、○○万円しか稼げないとか、自分の年収はこれくらいだという思いが、今の職業を選ばせているのです。

財布に入っている大金を見て「落としたらどうしよう。」などと不安になることがなぜいいことなんでしょう?それは、お金に対して持っているいらない信念を捨てるきっかけになるからです。私たちは様々な感情を経験するために生きています。お金に対して持つ恐れや不安もその一つです。湧き上がる不安感を感じようとせず抑えつけたり見ないようにしていると、いつまでも感情を感じるという本来の生きている目的を果たせません。すると、その不安を感じさせようとして何度も何度も同じようなことが起こります。

これは、あなたが録画してあるテレビ番組や映画を見ている途中に電話がなって中断された時と同じです。見逃したシーンがあるとあなたは巻き戻ししますよね。そうして、見逃したシーンをもう一度見ようとします。それと同じように、あなたが感じることを避けた感情があれば、それを感じるために同じような出来事が起こります。ということは、お金に対して湧き上がる恐れや不安を感じきるまでそれは続くということです。

お金の問題の根本原因は、この湧き上がる気持ちを感じることです。それを感じきれば終わります。

 

ちょっと話が脱線しましたが、財布に大金を入れておくもう一つのいいことは、財布を開く度に「あ、お金いっぱいある。」と思えることです。

以前の記事で「お金がない方に意識を向ければ無くなりますし、お金がある方に意識を向ければいくらでもある。」と言うことを書きました。

財布を開く度に札束が入っているのを見るとイヤでも「お金たくさんある。」と思うでしょう。お金がある、あると思っているとお金がある現実が作られていきます。そのために、財布に大金を入れておくのです。

あとは、ちょこちょこATMにいかなくてもいいという便利さもありますね。

 

財布に大金を入れておきましょうというと、「でも、たくさん持っていると持っている分だけ使ってしまう。。。」という声が聞こえてきそうです。
じゃあ、持っているだけ使えばいいじゃ無いですか。お金は使うためにあるものです。財布の中に入れて飾っておくものではありません。何かと交換するためだけにあるのです。使いたいなら使えばいいのです。

あなたが得られるお金に限度なんてないんですから。