5分で一番条件の良い住宅ローンを選べる住宅ローンアドバイス

住宅ローン、どれにすれば良いかわからない・・・

あなただけではなくて、多くの人が悩んでいることです。

調べてみればみるほど、よくわからない言葉ばかりで頭が痛くなってきますよね。

変動?3年固定?10年固定?フラット35?

一体どれが自分たちには合っているのだろうか?

どの住宅ローンを選ぶのが一番お得なのだろうか?

難しいですよね。

しかし、、、

住宅ローンの選択はあなたやあなたの子どもの将来を左右する選択です

住宅ローン選びを間違えてしまうと支払うお金が数百万円違うこともあります。つまり、あなたの人生で使えるお金が数百万円違ってくると言うこ とです。それは、子どもの大学4年間の費用以上になることもあります。もしかするとあなたが適切な住宅ローンを選んでいたら、子どもの学費を全部出してあ げられたのに・・・という事態を招くかもしれません。

他にも、急に返済額が上がってしまい、返済に困ってしまうという住宅ローンもあります。そうなると、せっかく手に入れたマイホームを手放してしまうという最悪の事態になるかもしれません。

 

あなたはもしかすると「ハウスメーカーや工務店の人がきちんと選んでくれるから大丈夫!」だと思っていませんか?

だとしたら、それはとても危険です。

なぜなら、、、

住宅ローン選びを人任せにしてはいけない2つの理由

理由は2つです。

1つ目は、借入する金融機関によって金利や手数料が違い、選択によっては多額のお金を失ってしまうからです。

それが、住宅ローンを返済できずに、家を手放してしまう。一家離散の原因になりえます。
もしくは、十分な予算が取れず本来できた選択ができなくなってしまいます。

2つ目は、基本的に彼らはあなたの立場に立った提案はしてくれないからです。

ここで、実際に銀行に勤めていて住宅ローン業務をしている方から聞いたお話をしましょう。

そのため非常に信ぴょう性の高いお話です。

この方は20代後半の男性で地方の銀行に勤めていて、私のブログを読んでくれています。「マイホーム購入する方に有益な情報を発信している中川さんに共感を覚えた。銀行で住宅ローン業務に携わっているものにしかわからない銀行の内情についてたくさんの人に知っていただき、失敗のない住宅ローン選びに役立てて欲しい」ということで、住宅ローン業務の裏事情を教えてくれました。

現在は銀行に勤めていますが、将来は私と同じ様にファイナンシャルプランナーとして相談に来られる方へ最善のアドバイスができる仕事をしたいという目標を持っているそうです。

銀行の住宅ローン業務裏事情

それでは、銀行の住宅ローン業務裏事情をご覧ください。

———————————–

通常、学校で住宅ローンについて学ぶことはありませんよね?

つまり、ファイナンシャルプランナーなどの専門家であったり自分で勉強した人以外の多くの人は住宅ローンについて無知なわけです。

金利体型について何もわかっていないのはもちろん、固定金利選択型・変動金利・全期間固定金利それぞれのメリットやデメリットがどういうものであるかも全く知らないのが普通です。

 

住宅ローンといえば、支払いが数千万円にもなる買物です。

顧客が住宅ローンのことを全く知らないとすれば、銀行員が顧客に対して住宅ローンとはどういうものか、それぞれの選択肢ごとにどんなメリットやデメリットがあるのかを丁寧に説明し、顧客にとって最善の選択肢を提案してくれると思いませんか?

 

しかし、実際そんなことは行われません。

 

銀行において住宅ローンの勧誘は顧客本位ではなく、銀行本位で進めていきます。
銀行本位つまり、顧客にとって最善の選択肢ではなく銀行が顧客に借りてもらいたい住宅ローン、銀行にとってメリットが大きいローンを借りてもらうように顧客を誘導するのです。

 

さらにひどいことに、銀行員は顧客が住宅ローンを返済しながらしっかりとした生活を送り、老後に対する備えも大丈夫かどうかなんかは考えてくれません。

顧客が借りられる金額目一杯を提案することが多いです。

 

「目一杯貸したところで返せなくなったら銀行も困るから、そんなことはしないだろう。」と思いますよね?
実は、顧客が住宅ローンを返済できなくなっても銀行は困らないのです。顧客が住宅ローン返済できなくなれば、保証会社が顧客の住宅ローンを銀行に立て替えて支払います。

その後は保証会社が銀行に代わって顧客に住宅ローン返済を求めます。

保証会社による保証を得るために顧客は数十万円の保証料を支払います。しかし、銀行に住宅ローンを支払えなくなったからといって、顧客が返済を免れることはありません。

顧客が保証会社からの取り立てに追われたり、最悪マイホームを差し押さえされたりしているのを横目に、顧客に返済が難しい住宅ローンを貸した銀行は大きな利益を出しているのです。

 

また、変動金利や固定金利選択型については将来の金利上昇リスクは考えずに提案されています。

初めは大丈夫だと思っていたのに、急に返済額が上がり返済に苦しくなったり、家を手放さなくてはいけなくなる人が耐えないのは、金利上昇リスクを説明してないことにもあるでしょう。
しかし、顧客が銀行員の住宅ローン説明に疑いの目を向けることすら難しくなっているという悲しい現実があります。

 

顧客が住宅ローンの話を聞きに銀行へ行き、窓口で「住宅ローンの相談をしたい」と伝えたとします。

通常の窓口とは違う革張りの高級ソファーがある個室へ通され、やってきた男性行員に「◯◯銀行の住宅ローン担当☓☓です。」と名乗られれば、住宅ローンに対して深い知識があるものだと思ってしまうのではないでしょうか?

しかし、現実はそうではありません。

なんと、住宅ローン控除にもまともに答えられないような行員がいるほどです。

知識を持っていたとしても偏っており、顧客目線、顧客にとって有利な提案をするための知識ではありません。

もっている知識は「いかに変動金利や短期間固定金利の住宅ローンを借りさせるか」という知識です。

 

なぜ、変動金利や短期間固定金利の住宅ローンを借りさせようとするのか?

それは、営業成績です。

銀行員といえど、営業マン。ノルマがあり、営業成績を問われます。

同じお客さんから得られる営業成績が10点と20点なら、営業マンからすれば20点のほうがいいに決まっています。

 

通常、顧客は行員よりも住宅ローンに関する知識はありません。

自分よりも知識がある一見住宅ローンのプロに見える行員にうまく言われてしまうと「私達に一番いい住宅ローンを勧めてくれた!」と思って満足してしまうのです。

まとめると、銀行に住宅ローンの相談をしても、銀行や銀行員すなわち営業マンにとって有利な選択をするように誘導され、顧客にとって最善の選択肢を選ぶことは限りなく難しいということです。

———————————–

全部の金融機関がそうだとは限りませんが、どれを見ても「え~っ!」と思うような内容です。

特に、住宅ローン控除やフラット35に関する知識がないのには驚きですね。

このように、あなたやあなたの家族の人生に大きな影響を与える住宅ローンを利害が絡む人に任せてはいけないということです。

あなたが、住宅ローン選びに失敗して何百万円というお金を損したり、将来返済額がグッと上がるような住宅ローンを選びたくないと思っているなら、私までご相談ください。

あなたにとって一番条件の良い住宅ローンを見つけ出します

私は住宅ローン金利一覧表という特別なサイトにアクセスすることができ、全国の銀行の住宅ローン金利情報を一覧することが出来ます。

これがそのサイトの画面です。

loan

さらに、このサイトは金利の低い順に並び替えることが出来るので、一瞬で一番金利が低い住宅ローンを見つけることが出来ます。

私が、あなたの借入額や返済年数を伺い、まずは最適な住宅ローン金利タイプを見つけます。その後、その住宅ローンタイプの中で金利や手数料などを比較し、あなたに最も条件の良い住宅ローンを提案します。

私は、銀行に住宅ローンの取り次ぎをして銀行から手数料や紹介料をもらったりしていません。そのため、住宅ローンを借りるあなたの立場に立って、最も条件のいい住宅ローンを提案することが出来ます。

住宅ローン選択のアドバイスを受けることであなたが得られるもの

  • 睡眠時間や休みの時間を削らなくてよくなります
    もう、よくわからない住宅ローンについて調べ回ったり、本を読みあさったりする必要はありません。寝不足でイライラして子どもに八つ当たりをする必要もありません。仕事や家事、育児で疲れているなら早く寝て、次の朝は悩みもなくスッキリと目覚めることが出来ます。
  • 早く家を買えるようになります
    住宅ローンのことを調べ回る必要が無いので、その時間を家造りに充てることができます。そうなれば、家の間取りや設備について打ち合わせする時間ができ、早くマイホームに入居することが出来ます。ムダな家賃の支払いを1ヶ月分は節約できるでしょう
  • 将来にたくさんお金を残せるようになります
    誤った住宅ローンを選んでしまうと、数十万、数百万円単位で余分なお金を支払うことになってしまいます。それは、あなたの将来のお金です。最も条件のいい住宅ローンを選ぶことで、ムダなお金を支払わなくて欲なり、教育費や老後に向けてお金を残せるようになります。

全国どこでも相談いただけます

住宅ローン金利一覧表では、全国の住宅ローン情報を見ることが出来ます。

つまり、あなたが私の事務所がある徳島県に住んでいなかったとしても、私の住宅ローンアドバイスを受けることが出来ます。

今までも、北海道から沖縄まで住宅ローンのアドバイスをしてきましたが、みなさんに喜んでいただきました。

人生を左右する大きな決断に失敗しないためにいくら投資できますか?

何度もお伝えしますが、住宅ローン選びに失敗すると多ければ数百万円というお金をムダにしてしまいます。それはあなたやあなたのご主人が1年間汗水流して働いたお金と同じくらいかもしれません。

かといって、一番条件のいい住宅ローンを選ぶためにはかなりの時間がかかりますよね。

あなたが、何の苦労も努力も無く一番条件のいい住宅ローンを選んで数百万円というお金を守るために必要な投資は29,800円です。
これだけのお金であなたは「住宅ローンをどれにすれば良いかわからない。」と悩み続ける毎日から抜け出し、夜はぐっすり眠れるようになり、何百万円というお金を失わずに済むようになります。

家計を預かる者として、ムダなお金を支払うのでは無くお金は家族のためになるように使いたいですよね。

間違いの無い住宅ローン選びをすることであなたは、いい妻としてご主人からも褒められ、しっかりしたお母さんでよかったと将来子どもからも感謝されるでしょう。

料金について

住宅ローン相談はコースによって3つの料金があります

住宅ローン相談プラチナコース

これまで、北海道から沖縄まで200組を超える人にアドバイスを行ってきたファイナンシャルプランナー中川が、あなたの住宅ローン選びをお手伝いします。

あなたの借入額や返済年数などをお聞きし、あなたにあった住宅ローンのタイプを選び、その中から最も有利な住宅ローンを提案します。
あなたは何も調べる必要はなく、こちらから提案したものを選ぶだけです。

また、何百万円とかかる住宅ローンの利息を実質無料にするアドバイスを受けることができます。

料金は298,000円です。

住宅ローン相談ゴールドコース

ファイナンシャルプランナー中川から指導を受け、中川と同じ提案ができるファイナンシャルプランナーがあなたの住宅ローン選びをお手伝いします。

使用するソフト等は中川と同じものを利用するので得られる結果は同じです。

あなたの借入額や返済年数などをお聞きし、あなたにあった住宅ローンのタイプを選び、その中から最も有利な住宅ローンを提案します。
あなたは何も調べる必要はなく、こちらから提案したものを選ぶだけです。

料金は29,800円です。

住宅ローン相談シルバーコース

住宅ローンの基礎知識や住宅ローン金利比較の仕方などについて解説した動画をお送りします。
その内容を参考にご自身で住宅ローンについて選んで頂くプランです。

こちらからのアドバイスはありませんのでご注意下さい。

料金は19,800円です。

相談してもメリットが無ければ全額お金は返金します

すでにハウスメーカーから提案されていたり、あなたが自分で選んだ住宅ローンがあるかもしれません。

私に相談いただいても、あなたが選んでいた住宅ローンと変わらなければいただいた相談料は全額返金します。

あなたがお金を払うのはあなたが選んでいる住宅ローンよりも、ハウスメーカーから提案されている住宅ローンよりも有利な住宅ローンを選べたときだけです。

つまり、あなたが住宅ローンアドバイスを受けて損をすることはありません。

相談申し込みは今すぐ下記申し込みフォームに、お名前、メールアドレス、お電話番号を入力の上、お申し込みください。


住宅ローン相談申し込みフォーム
お名前
メールアドレス
コースを選んで下さい プラチナコース(298000円)
ゴールドコース(29800円)
シルバーコース(19800円)


P.S これまでに私の住宅ローンアドバイスを受けられた方の感想をご覧ください。

tokushima30j-3tokyo20jt-ksanmizouchisan


住宅ローン相談申し込みフォーム
お名前
メールアドレス
コースを選んで下さい プラチナコース(298000円)
ゴールドコース(29800円)
シルバーコース(19800円)


マイベストプロ東京に掲載されています

オススメ記事

  1. 頭金とは?
  2. 住宅ローン 相談 ファイナンシャルプランナー
  3. 変動金利 固定金利
  4. 住宅ローン 金利一覧表

ピックアップ記事

  1. 年収別に住宅ローン借入可能額と目安額を比較すると驚きの結果に…
  2. 年収600万円の人が住宅ローンを3000万円借りるとこうなる…
  3. 住宅ローンの審査、基準、期間、事前に確認しておくべき3つの項…
  4. 頭金なしのマイホームは危険はウソ。頭金なしでマイホームを買う…
  5. 変動金利住宅ローンの計算、メリットデメリットが猿でもわかる記…

マイホーム購入5つの失敗を防ぐチェックシート

マイホーム購入の手順、予算、建設会社、住宅ローン、土地選び、これらの失敗をチェックするだけで防げるチェックシートを無料で差し上げます

ダウンロードはこちらから

PAGE TOP