最近は少しましになったような気はしますが、少し前は「コスパ」という言葉をよく耳にしました。

コスパっていうのは、コストパフォーマンスのことで値段に対する量や品質の高さを表したものですね。コスパが高いほど割安だったり、お買い得なわけです。なので、コスパが高いものを買う、コスパが高い方を選ぶことがいいことだと言われています。

少ない力(お金)で高い効果を得る(質や量)のは効率がいいことです。そのため、コスパを考えて買い物をすることは賢い選択だとされています。
確かに、表面的にはそうだと思います。少ない力で高い効果を得ることには大賛成です。

しかし、コスパを重視し続けている限り、あなたは自分でも知らないうちにどんどん首を絞め続けます。

なぜなら、コスパを重視することでどんどん強化される信念があるからです。それは「お金は有限のものである」という信念です。お金が有限だと思うからこそコスパ、効率を上げてより良いものを得ようとする、よりいい経験をしようとするわけですよね。

お金は無限にある状態であれば、コスパなんか気にするでしょうか?お金がいくらでもあるという状態なら、あなたは何を基準にものを買ったり、サービスを利用するでしょうか?

それが好きだから、欲しいから、やりたいから、気に入ったから、使いたいから、その会社や人を応援したいからという基準だけで買うものや利用するものを選ばないでしょうか?

それ以外の理由でものを買ったりサービスを利用しているということは、あなた基準で選んでいないということになります。そして、あなた基準で選んでいないということはお金が基準になっていて、「お金は有限である」という信念をはじめとして「お金は大事にしなければいけない」「お金は一生懸命働いて稼がないといけない」という信念を強化し続けます。

すると、あなたが強化した信念通りのことを経験します。あなたが欲しい、好き、やりたい、気に入った、使いたいというあなた基準での選択ではなく、安い、割安、コスパがいいというお金基準の選択が永遠と続きます。

お金は道具であり、あなたの主人ではありません。あなた基準で、あなたの欲しいもの、やりたいことを満たすために使ってください。

また、コスパ重視で買うと結果的にコスパが下がることもあります。なぜなら、満足度が低いからです。あなたが本当に気に入って、欲しくて買ったものは長く大事に使いますよね。そして、その買い物の満足度も高いです。しかし、コスパ優先で買ったものの満足度は長続きしません。それは、すぐにもっとコスパがいい商品が発売されるからです。

あなたがどれだけ時間をかけて念入りに調べて一番コスパがいいと思われる商品を買ったとしても、その1ヶ月後や2ヶ月後には、同じジャンルでもっとコスパがいい商品が発売されるなんてことはよくあります。コスパがいいから買ったのに、もうコスパは良くないとなると、愛着もわきませんよね。

でも、気に入ったり欲しいと思って買ったものはコスパなんか気にしませんし、他の新しい商品が出ても気になりません。大事に長く使うことになるので結果的にコスパが良くなります。

あなたが、コスパ重視で買い物をしているなら、それをやめてみましょう。そして、好きかどうか、欲しいかどうか、やりたいのかどうか、それを基準に買い物をしてみてください。そして、コスパ重視で買い物をした時と満足度を比べてみましょう。

それは、スーパーの買い物からできることです。安いから買うのではなく、食べたいと思うものを買ってみましょう。そうして、買い物から得られる満足度を普段と比べてみてください。

なんども言いますが、あなたがお金の主人です。お金があなたの主人ではありません。

P.S ご主人様と呼ぶよりも、呼ばれたいです(笑)