この方法で、自己破産や債務整理を経験した人でも住宅ローン審査に通るかもしれません。。。

この方法で、自己破産や債務整理を経験した人でも住宅ローン審査に通るかもしれません。。。

メールにて無料相談を受け付けていますが、お悩みを頂いたので相談内容を紹介します。

いただいた悩みは以下の通りでした。

はじめまして。43歳男性です。妻40歳、今年帝王切開で次男を出産し、4人家族です。私は、独身時代に生活費などの借入が積み重なり、多重債務で破たんギリギリでした。7年前に結婚を機に任意整理を行い、一昨年完済しました。仕事は高齢者福祉業界にいますが、、転職回数は多く、現在の会社は今年6月から勤務し始めたところです。

妻は現在専業主婦ですが、来年5月のから勤務することが決定しています。私の現在の収入は35万/月 (賞与は業績次第)、妻の予定給与は20万/月です。ちなみに、転職のたびに引っ越しています。現地で立ち上げに関わるために必要であったためですが、そのために居住年数も勤続年数と同じで短いです。

最近子供ができたことと、今回引っ越してきた賃貸マンションの騒音に悩まされていることから、マイホームを考え始めました。かなり厳しい状況であることは自覚しているので、CICとJICCから個人情報を取り寄せてみました。借入の記録はJICCのほうにしっかりと残っており、(自覚がなかったんですが)給与振込口座として利用している銀行で、残高がマイナスになったときに自動融資する形になっているものも以前利用していたカードローンの残高と合算されていて、借入が継続になっているものもありました。

また、CICには携帯の分割購入に関して、請求書払いにしていたため、何回か払い忘れて「A」が数個、「P」が1個ありました。「異動」記録はありません。ちなみに、1年前くらいに楽天カードを申し込んでみたんですが、見事に審査に落ちました。健康状態としても、今年5月に心労から倒れ、「うつ」の診断を受けてしまいました(環境が変わってからはまったく問題ありません)。

また、引っ越しを繰り返したため、資金はまったくありません。そんな中、現在の会社が不動産会社であり、とある信用金庫と太いパイプがあることから、かなり審査が通りやすいという話をもらったこと、2000万前後の中古、2500万前後の新築と、比較的手ごろな物件が現存することから、ダメ元で申し込んでみるか・・という気持ちになっていました。

しかし、前述の状況からして、かなり確立の低い賭けであることは間違いないと思い、夫婦で話し合った結果、いちかばちかの審査は受けずに、ある程度審査に通りやすくなる時期まで貯金に励もうということになったんですが、年齢的なこともあり、どこまで待てばいいのか悩んでいます。

以下、私の回答です

なるほど。

なんだか色々大変な状況のようですね。

まとめると過去に債務整理をしたことがあるので住宅ローン審査に通る可能性は現段階では低い。

そこで、ある程度貯金が貯まるまで待とうという結論に至ったが年齢的なものもあるのでどこまで待てばいいかわからないということですね。

まず、クレジットカードの審査に通らないということは住宅ローンの審査もだいぶキツイと思います。
あと、うつと診断されている以上団信に通らないのでそこでも審査は通らないです。

ただ、団信に関しては回避策があるのでこちらの記事を読んで下さい。
糖尿病の人が団信の問題を解決して住宅ローンを借りる4つの方法

で、対策としては2つです。

奥さんが正社員などである程度収入を稼いでくるようにし、奥さん名義で住宅ローンを借りることです。
例えば、中古の2,000万円であれば税込み年収で250万円以上あれば審査に通ります。

そうすれば、半年か1年後には住宅ローン審査に通ると思います。

もう1つは裏ワザですが、3回引っ越しすることです。
債務整理をした住所や携帯代の延滞をした時に住んでいた住所から3回住所を変えます。

住所が度々変わっていると信用情報の情報が出てこないことがあるようです。
本人確認書類に健康保険証を使えば前の住所までわかりません。

それで自己破産経験者が6年で住宅ローン審査に通ったという話も聞いたことがあります。

ただ、通るかどうかはやってみないとわかりません。やる場合は自己責任でお願いします。

最後に、現状のままでは例え住宅ローン審査に通ったところでお金で苦労することは目に見えています。

お金に対するマインドを変えることをオススメします。
お金に対するマインドについては、メルマガ読者限定の裏ブログに書いてあるのでそちらの方を読んでみてください。

中川へ無料相談するには?

こちらのページから魔法のチェックシート等をダウンロードしていただくと一度だけ表示されるページが有ります。そのページに無料相談フォームがあるので、注意書きをよく読んでそこから相談内容を入力して下さい。