私は派遣社員をしていた8年前と比べて収入は10倍以上になっています。収入が上がったタイミングはいくつかありましたが、その時にやったことの共通点はこれです。

「お金が必要な状況を作る」

具体的に言うと、まず底辺派遣社員から保険会社へ奇跡の入社ができたタイミングでやったことは「月50万くらい稼がないと家族を養っていけないことに気づいた」ことです。

派遣社員の頃からFPの勉強をしていましたが、年金の勉強をしたときに水商売をしていた母親は年金も払っておらず、このままだともらえない、追納してもらえても月4万程度、これでは生活できないことに気づきました。で、自分も結婚して子どもを育ててなおかつ母親の面倒を見るためには月50万くらい稼がないといけないと思ったのです。

奇跡の採用

このままではいけないと思い、次の仕事が決まる前に派遣社員をやめました。どうすれば毎月50万円稼げるかはわかりませんでした。しかも、高卒でこれといった大きな資格も持っていませんし、大した社会人経験もありません。

しかし、それから2ヶ月で保険会社への入社が決まりました。この入社は特例で、本来は25歳からしか採用しないらしいんですが、営業経験も見込み客も持っていない22歳の私を採用してくれました。この3年後に、私は年収が600万円になりました。月50万円を達成したのです。

重い住宅ローンがもたらしてくれた収入UP

次は家を買ったことです。買った当時は夫婦共働きで返済も大丈夫でしたが、1年後に奥さんが体調不良で仕事を辞めます。そうすると、1人で住宅ローンを払って生活していけるお金を稼いでこないといけません。そうなった結果、1人で住宅ローンを払って生活できるだけの収入を得られるようになりました。

次は独立と子どもですね。私が独立したタイミングは長男が産まれて2ヶ月経ったときでした。自分たちの生活と、事務所の維持費などを稼いでこなくてはいけません。人が1人増えているので当然、かかる生活費は増えます。その結果、収入も増えていました。

事務所を開いた数ヶ月後に起きた、謎の40万円の振込

独立すると決めた時持っていた貯蓄を事務所を開くときに使い果たしてしまいました。事務所を開いて2ヶ月後には、残っている預金でクレジットカードの請求を払えそうになかったので慌ててリボ払いに変更してこと無きを得るということをしていました。

その翌月だったと思います。独立する前に勤めていた会社から40万円の振込みがあったのです。この振り込みは謎でした。考えられることがあるとすれば、私がもらうはずだった手数料が前に勤めていた会社に振り込まれたので、その分だと思います。でも、誤って振り込まれた手数料は前の月に指摘してもらっていました。なんだろうと思っていましたが、そのままありがたく受け取っておきました。

毎月25万円のコンサルティング費用の捻出

その次はベンツとコンサルティングです。ベンツを買う時も買って大丈夫かどうかドキドキしましたが、ベンツよりもコンサルティングの方が大きいですね。某有名なコンサルタントのコンサルティングを受けるために1年間で300万円支払いました。分割なので月25万円です。申し込んだときは払えるかどうかドキドキしましたが、何とか払えるもんですね。おもしろかったのがその支払いが終わったとたん収入もその分だけ減っていたことです。

自由に生きると誓う

最後はイヤな仕事は一切しないと誓ったことです。それまでやっていた保険代理店の仕事がイヤでイヤで仕方ありませんでした。保険の手数料で寝てても毎月50万くらい入ってきてたんですが、保険会社の言うこととかいろんなことに振り回されるのがストレスだったので、思い切ってやめました。やめるときは「この先やっていけるかな・・・」と心配になりましたが、不思議なものでやっていけるもんです。むしろ、その時よりも収入は増えてますが、働く時間は激減しています。

私が選んだ人生は「お金のためにイヤなことはしない。好きなことを好きな時間に好きなだけやって、好きなものを食べて好きなところへ旅行して好きなだけお金を使う。」という人生です。

その人生を選んでからは今のところその通りになっていて、それに必要なお金が何らかの形で入ってきています。

そういうと、「それはあんたが特別だからだ。自分の場合はそうはいかない。」と思われるかもしれません。私とあなたで何が違うのでしょうか?私もあなたと同じ人間です。

唯一違うところがあるとすれば、私が自由な人生を選んで、あなたはそれを選んでないということだけです。

どんな選択でもできるし、それに伴って必要なお金も手に入るとしたら、あなたはどんな人生を選びますか?