ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。

糖尿病だと団信に加入できず住宅ローン審査に通らない?

糖尿病でも団信の問題をクリアして住宅ローンを借りる方法

食生活や生活習慣が悪くて糖尿病になったなら仕方ありませんが、遺伝などのやむを得ない事情で団信に加入できず住宅ローンを借りられないのは辛いと思います。
そこで、今回は糖尿病と団信の関係と、糖尿病の方でも団信の問題をクリアして住宅ローン審査に通る方法をお伝えします。

糖尿病だと団信の告知書のどの部分に該当するのか?

まずは、糖尿病が団信の告知書のどの部分に該当するのか見て行きましょう。

以下は団信の告知内容です。

  1. 最近3ヶ月以内に医師の診察・投薬・治療・指示(要経過観察を含む)・指導を受けたことがありますか?
  2. 過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上に渡り医師の治療・投薬を受けたことがありますか?
    • 狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症
    • 脳卒中(脳出血・脳梗塞、くも膜下出血)、脳動脈硬化症
    • 精神病、ノイローゼ、てんかん、自律神経失調症、アルコール中毒
    • ぜんそく、慢性気管支炎、肺結核
    • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、すい臓炎
    • 肝炎、肝硬変、肝機能障害
    • 腎炎、ネフローゼ、腎不全
    • 緑内障、網膜の病気、角膜の病気
    • ガン、血腫、白血病、腫瘍、ポリープ
    • 糖尿病、リウマチ、膠原病、貧血症、紫斑病
    • 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、乳腺症
  3. 手・足の欠損または機能の障害はありますか?または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか?

団信の告知、2番めの項目に該当があります。つまり、3年以内に手術や2週間以上糖尿病の治療を受けている場合は告知する必要が有るということです。

2週間の治療とは、1回病院に行って2週間分の薬をもらった時点で該当します。

しかし、下記のような場合は例え糖尿病と診断されていても告知する必要がなく、団信に加入して住宅ローン審査に通ります。

  • 糖尿病と診断を受けただけで薬をもらっていなかったり、もらった薬が1週間分でそれ以降病院へ行っていない
  • 最近3年間は病院へは行っていないという場合

残念ながら上記の2つには当てはまらず、糖尿病と告知をしなければならない場合にはどうすればいいか、今から4つの方法をお伝えします。

糖尿病の人が団信の問題をクリアして住宅ローンを借りる4つの方法

方法1:単なる告知だけではなく、症状が安定している旨医師の診断書を取り付ける

団信の告知書に糖尿病である旨や、HbA1Cと空腹時血糖の数値を書くだけでなく、医師に症状が安定している旨診断書に書いてもらい告知書と一緒に提出することで団信に加入できる場合があります。

団信引受の保険会社は通常団信の告知書に書かれた情報だけを見て加入できるかどうかの判断をします。糖尿病の方と面談をしたり話を聞いたりするわけではありません。

もし、告知書に書く情報だけでなくもっと有利な情報があるならそれを提出しましょう。その内の一つが医師の診断書です。

団信の告知をする際に医師の診断書は不要ですが、添付しておけば保険会社は診断書に書かれている内容も考慮してくれます。その診断書の中に医師が症状は安定しているとか、今後悪化しないとかする見込みが無いとか、きちんと治療をして症状は改善している旨書いてくれれば審査にはプラスになります。

症状がひどい場合は逆効果になりますが、改善している、安定しているなら主治医の先生に診断書を書いてもらって告知書に添付して提出してみるといいでしょう。

これは、糖尿病に限ったことではなく、他の病気でも同じことが言えます。診断書に有利な情報を書いてもらえそうなら診断書を取り付けて告知書に添付して提出してみましょう。

他にも団信に入れるかどうか質問が多い病気?にレーシックがあります。レーシックについてはこちらの記事で詳しく解説してるのでご覧ください

レーシックで住宅ローン審査NG?団信で審査がダメな時の4つの対策

方法2:糖尿病でも入れるワイド団信、スーパー団信を利用する

方法1の診断書を提出する方法でダメだった場合は、通常の団信よりも加入基準が緩いワイド団信やスーパー団信を利用するという方法もあります。

ワイド団信やスーパー団信の特徴、違いについて説明をしていきます

ワイド団信とは?

ワイド団信とは通常の団信よりも加入にあたって健康状態の基準が緩い団体信用生命保険のことです。

ワイド団信の告知内容は通常の団信の告知内容と同じです。

糖尿病などの病気ごとにどこまでの症状だったら団信に入れるかという明確な基準はありませんが、通常の団信よりも加入しやすいことは確かです

ワイド団信の場合、住宅ローンの金利が高くなる

団体信用生命保険の金利は銀行が負担しますとなっていますが、加入基準が緩いワイド団信は通常の団信に比べて保険料が高いんでしょうね。保険料の負担はありませんが、住宅ローンの金利が上がってしまいます

どれくらい住宅ローンの金利が上がるかは銀行によって違うようです。以下に主な銀行でワイド団心を使う場合にいくら住宅ローンの金利が上がるかを紹介します

三菱東京UFJ銀行みずほ銀行りそな銀行ソニー銀行
追加金利+0.3%+0.3%+0.3%+0.2%

例えば、ソニー銀行だと住宅ローン金利が+0.2%になります。この場合、住宅ローンの総返済額がいくら違うのか計算してみました。下記をご覧ください

試算条件は以下の通りです

  • 借入額2500万円
  • 返済年数35年
  • 住宅ローン金利0.599%,5年後1.099%,10年後2.199%平均
  • 元利均等返済

糖尿病でも団信の問題をクリアして住宅ローンを借りる方法

差額が105万円になりました。つまり、ワイド団信の保険料は105万円ということです。

ワイド団信を使う場合の注意点

ワイド団信を使う場合は住宅ローンの金利が高くなります。借入額によりもよりますが、差額が100万円を超えることもあります。どうせ通常の団信には加入できないだろうから、といっていきなりワイド団心に申し込みをするのではなく、通常の団信に申し込んでみてダメだった場合に初めてワイド団心を使うようにしましょう。

スーパー団信とは?

スーパー団信とは、関西アーバン銀行が取り扱っている住宅ローンを借りる場合に選択できる団信です。他の銀行でもあるかもしれませんが、見つけられなかったので他の銀行ではなさそうです。

糖尿病でも団信の問題をクリアして住宅ローンを借りる方法

スーパー団信を選んだ場合、住宅ローンに上乗せされる金利は以下の通りです。

35歳未満36歳〜40歳以下41歳以上
0.5%0.6%1.0%

ワイド団信より保障内容が優れているわけでもないのに、ぼったくり感満載ですね。35歳未満の場合で住宅ローンの総返済額にいくら差が出るのか計算してみました。

試算条件は以下の通りです

  • 借入額2500万円
  • 返済年数35年
  • 元利均等返済

すると、175万円の差額が出ました。ワイド団信と比べて70万円も高くなります。ワイド団心を扱っているところで全部住宅ローン審査に通らなかったという事情でない限り関西アーバン銀行のスーパー団信を使う意味は無いですね。

方法3:団信に加入しなくても審査に通る住宅ローンを利用する

団信に加入しなくても審査に通る住宅ローンその1:フラット35

銀行独自の住宅ローンの場合、団信に加入することがほぼ必須となっています。一部団信に加入することが任意だったり、団信に加入しくてもいい住宅ローンもあるようですが、数はかなり少ないです。

そこで登場するのがフラット35です。フラット35は団信への加入は任意なので、団信に入らなくても住宅ローンを借りることができます。

フラット35を借りる場合の団信保険料の計算方法や、節約方法について詳しく書いた記事がありますので、そちらもご覧ください。

たったこれだけ?住宅ローンを団信なしで借り、50万円節約する裏ワザ

団信に加入しなくても審査に通る住宅ローンその2:東京スター銀行

団信に加入しなくても借りられる住宅ローンではフラット35が有名ですが、実は東京スター銀行も団信への加入なしで住宅ローンを借りることができます

東京スター銀行の場合、団体信用生命保険料は住宅ローンの金利に含まれておらず、メンテナンスパックという別枠になっています。

そのメンテナンスパックは3パターンあり、1番料金が安いものだと団信の保障がなしになっています。つまり、東京スター銀行の住宅ローン(スターワン住宅ローン)でメンテナンスパック3の一番安いものを選べば団信の告知なしで住宅ローンを借りることができます

スターワン住宅ローンは預金連動型住宅ローンなので要注意

東京スター銀行の住宅ローンは2種類あり、団信なしで借りられるのはスターワン住宅ローンという預金連動型住宅ローンの方です。

預金連動型住宅ローンはたくさん預金を持っているほど有利になる住宅ローンですが、他の住宅ローンに比べて金利は高くなっています。預金連動型住宅ローンについてはこちらで詳しく解説しているのでご覧ください

預金した分住宅ローン繰上返済?預金連動型住宅ローンとは?

団信なしで住宅ローンを借りる際の注意点

フラット35でいくにしても、東京スター銀行の住宅ローンでいくにしても、団信なしで住宅ローンを借りるということはもし亡くなった場合でも遺族に住宅ローン返済が残るというリスクを抱えます

現状入っている生命保険で問題なかったり、遺族だけでも住宅ローン返済は何も問題ないということでしたらいいと思いますが、そうじゃない場合はリスクが有ることを承知の上で団信なしの住宅ローン借入をしましょう。

方法4:糖尿病を告知しないで団信に加入する

最後の方法は、糖尿病を告知せずに団信に入って住宅ローン審査を通す方法です。告知書に糖尿病であることを隠して何の病気も怪我もないと告知すれば団信に加入できますし、住宅ローンの審査にも通ります。

しかし、これは告知義務違反になり団信には加入できますがデメリットも有ります

ただし、借入額が3000万円を超える場合は健康診断書の提出が必要になるので、告知せずに団信に加入する方法は借入額が3000万円未満の場合しか使えません。

告知義務違反をするとどうなるのか?

それでは、告知義務違反がバレるとどうなるか説明します。

2年以内に告知義務違反がバレると団信契約を解除されてしまう

団信に加入してから2年以内に告知義務違反がバレると団信の引受保険会社から団信契約を解除されてしまいます。つまり、団信の保障は無くなってしまうということです

加入から2年ばれないと問題ないのか?

2年以内にバレると解除されてしまう。じゃあ、2年間はばれなければ問題ないのかと思われるかもしれません。確かに、契約から2年建てば告知義務違反がバレたとしても保険会社は契約を解除できなくなります。しかし、あくまで契約を解除できなくなるだけです。ちゃんと保障をしますという意味ではありません

契約を解除されなくても糖尿病と因果関係がある病気などで死亡・高度障害になった場合は住宅ローンは無くならない

糖尿病であることを隠して団信に加入した場合、糖尿病と因果関係がある病気やケガで死亡しても団信の保険金は支払われず、住宅ローンも無くなりません。

糖尿病と因果関係のある病気を調べてみましたが、「がん」「うつ病」「歯周病」「目の病気」など、結構あるようです。

糖尿病を隠して団信に加入しても病気の場合は保障されないと思ったほうがいいでしょうね。また事故の場合でもこういう場合は因果関係があるとみなされて支払われません。

  • 糖尿病が悪化して失明→目が見えなくて事故にあう

これは糖尿病が原因で目が見えなくなっているので、事故にも糖尿病の因果関係があるとみなされて保険金が支払われないと思います。

現状入っている生命保険などで賄える場合は糖尿病を隠して団信に入っても問題ない

上記に書いたとおり、糖尿病であることをかくして団信に加入しても保障はないと思ったほうがいいと思います。しかし、現状入っている生命保険で万が一の場合でも遺族が困らない、遺族の収入だけで住宅ローン返済が問題ないという場合は告知義務違反で団信に入ってもいいと思います。

団信に入る目的は、遺族に住宅ローン返済が残って住宅ローン返済で生活を壊さないようにするためですから、住宅ローンが残っても問題ないようであれば団信に入らない、告知義務違反で入るという選択肢もありです。

まとめ:糖尿病でも団信に入れないかどうかチャレンジしてみよう

糖尿病だから絶対団信に入れないということはありません。程度が低かったり症状が安定しているという場合は加入することもできます。それでもダメな場合はワイド団信を使う。それもダメな場合はリスクをきちんと承知の上で団信無しや告知義務違反での団信加入でもOKだと思います。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。