こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「3大疾病機構団信VS生命保険」
先日の記事で3大疾病機構団信がどういうものかご説明しました。
今回は、3大疾病機構団信と同じ保障を生命保険で備えた場合の掛け金比較をしたいと思います。
住宅ローンの条件は以下の通りです。

【条件】
住宅ローン名義人:30歳男性
住宅ローン借入額:2,000万円
返済期間:35年
金利:2.63%
返済方法:元利均等返済
毎月返済額:72,900円

3大疾病機構団信の掛け金は2,239,900円でした。
では、生命保険で同じ保障を備えた場合はどうなるのか計算してみます。
生命保険では、3大疾病機構団信のように一つの保険で死亡+3大疾病の収入保障を保障できる保険はありません。
なので、死亡時の収入保障保険+3大疾病時の収入保障保険の二つの保険の組み合わせで計算します。
まず、死亡時の収入保障保険の掛け金は以下の通りです。
毎月の保障額を7万円か8万円にするかで変わります。
7万円との差額2,900円くらいなら支払えるから掛け金を安くしたいということであれば7万円でいいと思います。
あとはタバコを吸うかどうかでも変わります。
7万円でタバコ吸わない場合は860,930円、タバコを吸う場合は1,126,755円です。
8万円でタバコ吸わない場合は983,920円、タバコを吸う場合は1,287,720円です。

それに3大疾病時の収入保障保険の掛け金を加えます。
これはタバコを吸うか吸わないかで掛け金は変わりません。
保障額が毎月7万円で年間56,750円、掛金総額は1,986,250円です。
毎月8万円にすると年間64,857円、総額は2,269,995円です。
タバコ吸わずに7万円の保障額にすると、死亡時860,930円+3大疾病2,269,995円=2,847,180円です。
死亡だけの保障だと団体信用生命保険よりも生命保険で備えるほうが安いですが、3大疾病まで含めると団体信用生命保険の方が安くなりますね。
団体信用生命保険の掛け金は住宅ローンの残高が減っていくごとに減っていく仕組みになっています。
よって、初めの方に支払う掛け金が結構高いです。
年収300万で家を買う節約・貯蓄術!マイホームが建つ生命保険
なので、3大疾病の保障は欲しいけれど、家を建てた直後の掛け金は抑えたいというときは3大疾病の保障を生命保険で備えるのも手かもしれません。
ただ、途中から団体信用生命保険に加入することはできないので3大疾病の保障が必要だと思う場合はしっかりと検討してくださいね。

▼住宅取得関連記事
団体信用生命保険料
団体信用生命保険の方が損?
団信に加入しないとフラット35は組めないのか?

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね