こんにちは~!徳島のファイナンシャルプランナー中川です。
「3ヶ月で家を購入した物語」
以前、年収150万円から3年で家を建てたFP中川の物語を書いたときに「3ヶ月で家を購入した時の詳細」についてリクエストをいただいてましたが、記事にするのを忘れていたため改めて書きます。
「3ヶ月で家買いました」の記述がある記事
「家が欲しい!」と思ったのは2008年の5月のゴールデンウィークの終り頃でした。
それまで家賃42,000円の賃貸マンションに住んでいました。
家賃は毎月手渡ししていたので、その時も家賃を渡しに行ったんですが渡し終わって家に帰る時に「いつまでも家賃払うのうっとうしいなぁ。」と思いました。
急に家賃を払うのがイヤになり、「家が欲しい」という衝動に駆られました。
そう思うと当時一緒に住んでいた彼女(現在の嫁)に「家買うから家観に行こう」と行って、その日のうちに住宅展示場を見て回りました。
当然ですが、住宅展示場には綺麗な家がたくさんあります。
今住んでいるマンションなんか比べものにならないくらいです。
「こんな家に住みたいな~」と思うと余計に「家が欲しい」という思いが強くなりました。
僕の頭の中では「なんとしても家を買うぞ!」という思いでいっぱいでした。
気持ちばっかり先行していたので、FPのくせに全くのノープランでした(笑)
今から思うと、アホだったなぁ~と思います(笑)
5月いっぱいは建て売りにするのか、注文住宅にするのか、注文住宅であれば土地はどこでどこに頼んで建てるのかを相談しました。
僕は「地元近くがいいなぁ~」と思っていたところ、ちょうど近いところに建て売りの住宅がありました。
そこへ観に行ってみると、車を2台縦に並べて止めないといけない土地でしたが、広さが72坪あって、建物のデザインも綺麗でした。
庭が20坪くらいあるので、将来犬を飼ったりこどもが産まれたときにいいなぁと思ったのと「早く欲しい」という思いがあったので、僕はここがいいと彼女に言いました。
彼女は職場が遠くなるから職場に近い土地に注文住宅で建てたいという意見で、対立しました。
それで何回も喧嘩しましたが、嫁も建て売りの建物や庭の広さは気に入っていたので結局「嫁に新しい車を買う」という条件付きでOKをもらいました。
建て売りを買うことに決まったので、それからは資金計画の話になりました。
ただ、家を買うなんて思ってもいなかったのでその年の3月に車を新車で買っていて、そのローンが残っていました。
そのローンを一括で支払ってしまうお金と、諸費用のお金を集めるのにかなり苦労しました。
今思えば購入の時期を遅らせてもらえばよかったんですが、こちらの「早く買いたい」とハウスメーカー側の「早く売りたい」思いが一致したのか、ギリギリでお金が集まり、購入できるようになりました。
それが6月の終り頃です。
それからローンの審査です。
夫婦の所得合算で申請しようとしましたが、当時は結婚しておらず「夫婦」ではなかったのでできませんでした。
そこで、所得合算で申請できるように入籍。住宅ローン審査を出しました。
いくつかの銀行へ審査を出しましたが、銀行の住宅ローン審査は全て通りませんでした。
「審査したけどダメでした」っていう連絡を受けるとガッカリしますね。
そんな中で唯一いけたのがフラット35でした。
元々フラット35にしたかったので願ったり叶ったり。申し込むことにしました。
ローンもOKになって、正式に契約したのが8月の頭。
実際に住みだしたのは8月15日でした。
どこかにも書きましたが、車のローン返済や諸費用でお金を全部使ってしまったので新しい家具や家電は一切買えず、遮光カーテンすら付いてない状態での新生活のスタートです(笑)
みなさんはこんなことにならないようしっかり計画を建ててから家を購入してくださいね。

【関連記事】
▼マイホームを手に入れるまでの軌跡
僕はスーパー浪費家でした
高校3年間で120万円貯めました
家計簿デビュー