こんにちは!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「頭金を2割準備する意味とは?」
頭金は購入金額の2割を用意しましょうとよく言われます。
では、なぜ2割なのか?
頭金は多ければ多いほどいいです。
その中でなぜ2割なのかというと、一つは以前はフラット35の借入が購入金額の8割が上限だったことがあります。
8割までしか借りられないと、必然的に2割は自分で用意する必要があります。
もう一つは、住宅ローンを払えなくなった時に売却しやすくするためです。
建物の金額の2割程度はメーカーの利益です。
買った瞬間、メーカーの利益分の価値が下がります。
例えば、2,000万の建物であれば買った瞬間1,600万円になるというわけです。
この建物を2,000万円の住宅ローン借入をしていたならば、売っても400万円足が出て売れないということになります。
頭金を多く準備しておくことは、万が一住宅ローンを支払えなくなった場合に家を手放すことができるようにしておくという意味を持っています。
でも、頭金を貯める間の家賃支払がもったいないと思われるかもしれません。

それについての回答はこちらをご覧ください。

家賃の支払がもったいないから早くマイホーム購入した方がいい?