返済負担率の計算は必ず手取りでする。

LINEで送る
Pocket

返済負担率というのは、収入に占める住宅ローン支払いの割合です。
たとえば、年収が400万円で年間の住宅ローン支払いが120万円であれば返済負担率は120万円÷400万円で30%になります。
年収といえば一般的には税金や社会保険料などを引かれる前の総支給の金額です。
そして、住宅ローン審査も総支給の年収額で審査をされます。
しかし、よく考えてみてください。
年収が400万円であっても実際に使える金額は400万円ではないですよね。
税金や社会保険料の収入だけども自分で使えない部分があります。
その部分をのけて手取りを計算すると、だいたい340~350万円くらいになります。
仮に340万円で年間120万円の住宅ローンの返済負担率を計算すると120万円÷340万円=約35%になります。
つまり、手取り収入の35%が住宅ローン支払いに消えているのです。
個人の価値観によりますが、一般的に住宅ローン支払いは収入の25%~30%以内が適正と言われています。
総支給の年収で計算すると目安内の数値ですが、手取りで計算すると適正範囲からは出てしまっています。
現実的な計算は手取り収入での計算です。
「住宅ローン控除があって所得税が返ってくるのだから、総支給で計算しても差し支えはない」と思われるかもしれません。
しかし、住宅ローン控除は10年間で終わりです。
さらに、住宅を購入した後の支払いは住宅ローンだけではなく固定資産税などもかかってきます。
以上の理由から、返済負担率を計算する場合は必ず手取りで計算しましょう。

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

「いいね!」しておくと欲しい情報を見逃すことがありません

LINEで送る
Pocket

About FPnakagawa

Speak Your Mind

*