返済負担率というのは、収入に占める住宅ローン支払いの割合です。
たとえば、年収が400万円で年間の住宅ローン支払いが120万円であれば返済負担率は120万円÷400万円で30%になります。
年収といえば一般的には税金や社会保険料などを引かれる前の総支給の金額です。
そして、住宅ローン審査も総支給の年収額で審査をされます。
しかし、よく考えてみてください。
年収が400万円であっても実際に使える金額は400万円ではないですよね。
税金や社会保険料の収入だけども自分で使えない部分があります。
その部分をのけて手取りを計算すると、だいたい340~350万円くらいになります。
仮に340万円で年間120万円の住宅ローンの返済負担率を計算すると120万円÷340万円=約35%になります。
つまり、手取り収入の35%が住宅ローン支払いに消えているのです。
個人の価値観によりますが、一般的に住宅ローン支払いは収入の25%~30%以内が適正と言われています。
総支給の年収で計算すると目安内の数値ですが、手取りで計算すると適正範囲からは出てしまっています。
現実的な計算は手取り収入での計算です。
「住宅ローン控除があって所得税が返ってくるのだから、総支給で計算しても差し支えはない」と思われるかもしれません。
しかし、住宅ローン控除は10年間で終わりです。
さらに、住宅を購入した後の支払いは住宅ローンだけではなく固定資産税などもかかってきます。
以上の理由から、返済負担率を計算する場合は必ず手取りで計算しましょう。