こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「貯金が苦手な人向けの住宅ローン返済方法」
住宅ローンを借りた後は、計画的な繰り上げ返済を行い短い期間で住宅ローンを完済してしまうことが理想的です。
でも繰り上げ返済にはある程度まとまったお金が必要です。
住宅ローンによって違いますが、フラット35の買取型であれば最低100万円ないと繰り上げ返済できません。
すると、日々の計画的な貯蓄が重要になってきます。
これができないと計画的な繰り上げ返済はできないです。
でも、みんながみんな貯蓄が得意な訳ではないと思います。
貯蓄が苦手は人ははじめから繰り上げ返済はしないくらいの気持ちで、毎月の返済金額を少し多めにしておきましょう。
具体的にどうするかというと、返済期間を短くするのと、返済方法に元金均等返済を選ぶことです。
※元金均等返済についてはこちらの記事をみて下さい。
返済方法を元金均等返済にすると毎月の返済金額が元利均等返済に比べて多くなりますが、負担する利息の金額が少なくなります。
返済期間を短くしても毎月の返済金額は増えます。
3,000万円を35年で返すのと25年で返すのとでは毎月の返済金額も違います。
35年では毎月101,703円ですが、25年では129,358円です。
手元にお金があるとどうしても使ってしまうという人は、絶対に支払わないといけない住宅ローンの返済金額を大きくしておきましょう。
次回は返済金額を小さくして計画的な繰り上げ返済VS繰り上げ返済はやらずに普段の返済金額を大きくした場合をやります。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
住宅ローンの他に住居費として考えたほうがいいもの
長期優良住宅で住宅ローンを早く終わらせる方法
夫婦合算で住宅ローンを借りる時の注意点

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね