相談をしようと思ったきっかけ

(中川):今回マイホームを買うにあたって私に相談をいただきましたが、まずどういう経緯でご相談いただいたでしょうか?

(ご主人):初めは保険でちょっとご相談しようと思って。インターネットでブログを見させてもらって、中川さんの記事を読ませていただいて、「これやったら一回相談してみようかな」と思ってご連絡させてもらったところですね。

(中川):記事のどんなところを見て、どんな事を相談しようかなと思われましたか?

(ご主人):そうですね、一番初めに見た時はやっぱり保険会社に、固定の保険会社だとやっぱりその「ここの保険会社の中」で選択肢が限られてくるところが、記事を読ませてもらったら、特定の保険会社じゃなくて色んなところからピックアップして相談できるっていうところで決めさせてもらったっていうところですね。

(中川):なるほど。確かに特定の保険会社を選んじゃうと、他にも良いものがあるのにそこしか選べないってなっちゃう。それだったら色んなところから選ぶと、最も良い選択肢を選べるっていうことですね。他の保険会社とかも含めて。

(ご主人):はい、そうですね。

(中川):なるほど。相談すること自体に不安はなかったですか?ネットで見た人にいきなり相談するのってなかなか抵抗があるかなって思いますが。

(ご主人):そうですね、それに関してはもう自分の知識だけで考えても限界があったので、「まあ、試しに」みたいな軽い感じで相談させてもらったので、特に不安があった訳ではないですね。

(中川):なるほど。試しに聞いてみようかなみたいな感じだったんですね。自分で調べるのも限界があったので、ちょっと聞いてみたら良くなるかなみたいな感じでご相談いただいたということですね。

(ご主人);そうですね。

(中川);分かりました。入り口は保険の相談からだったんですけど、今回家を買うにあたってもご相談いただきましたが 、家を買うにあたって相談する前にはどんな悩みをお持ちでしたか。

個人の知識では限界があるので、住宅ローンや予算について聞けたらいいなと思った

(ご主人);そうですね、まず一つはやっぱり住宅ローンに関して、どの程度の選択肢があるのかって言う所ですね。やっぱり個人の知識では限界があるので、その辺りを聞けたらなっていうところと、あとはやっぱり予算ですね。どの程度今の自分の状況でどの程度見込めるのかっていうところが全然見えてなかったので、その辺りもやっぱり相談してみたいなと思って、というところですね。

(中川):なるほど。家を買うにあたってその住宅ローンをどういう風に選べば良いのか、どこの住宅ローンが一番いいのかだったり、自分だったらどこまでの金額の家を買っても大丈夫なのかっていうところを悩んでいたということですね?

(ご主人):そうですね、無理なくいけるかっていうところですね。

(中川):無理なくってすごく大事ですよね。家は建てたけどローンを払うのが精一杯で普段の生活がカツカツみたいになると、あんまりいい買い物をしたって感じじゃないですよね。それをパッと思いついた、それで相談してみようと思われたのは素晴らしいかなと思います。では、相談自体は具体的にどういう風に行われましたか?

(ご主人);中川さんの事務所に行かせてもらって4、5回相談させてもらったっていう形ですね。

(中川):1回あたりだいたいどのぐらい時間かけましたか?

(ご主人):そうですね、長くても1時間ぐらいだったと思いますね。

(中川);そうですね、話の内容によって違うと思いますが、1時間、2時間ぐらいかかった時もありましたね。私の方に相談していただいた内容はどんな内容でしたか?

(ご主人):相談内容はやっぱり住宅ローンですね。選択肢が何があるのかっていう事と、やっぱり人生設計の部分において将来(生活費や教育費、車の買い替えなど)どのくらい掛かってくるのか、その辺りを教えていただいて、それに対して住宅ローンにはどの程度かけれるのかって言う所を相談させてもらいました。

(中川):なるほど。マイホームを買って住宅ローンが始まった後の人生の事ですよね。お子さんの教育であったりとか、車の買い替えであったりとか、そういう所も含めて家に幾らお金を回せるのかっていうところと、それに応じた住宅ローンですよね。どれを選べば一番ベストなのかっていうのを相談したという事ですね。

ではその相談した事に対して、どういう風に解決しましたか?悩み、住宅ローンや、いくらまでの家だったら買えるかっていう悩みを持たれていましたが、それがどういう風に解決しましたか?

住宅ローン、予算、全て納得して選択できたと思います。返済の不安もありません。

(ご主人):まず人生の、その先の部分に関しては中川さんに「何々このあと掛かるよ」ということ、それに対して幾らぐらい掛かってくるっていうのも教えていただき、それに対して幾らぐらいまでだったら住宅ローンに掛けれるっていうのを見させていただいて、「まあこれだったらいけるかな」っていう、自分なりにも納得できました。

それに対して、住宅ローンに関しても何種類かある中でベストな住宅ローンをご呈示いただいて自分も納得できる内容のものだったんで、全て納得して選択できたと思います。

(中川):なるほど。先々の事がいくらぐらいお金が掛かるって分かった上で、ローンもこれだったら払って行けそうだという風に納得できたと。安心感ってどうでしたか?

(ご主人):そうですね、見通しが利く部分が大事かなと思ってましたんで、もうホンマ安心して、この先結構見えてくる感じのローンで、かなり納得できるものだったと思いますね。

(中川):なるほど。じゃあローンを払えるかなどうかなっていう不安っていうのは今ありますか。

(ご主人):今は問題ないと思ってます。

(中川):そうですか。良かったです。相談を受けてみての印象はどうでしたか?

 

色んな話を聞かせてもらって、楽しくお話出来ました。

(ご主人):そうですね、お伺いさせてもらって、お話させてもらう分にも全然話しやすいしね、結構いろんなお話も聞かせてもらって、全然楽しくお話させてもらったと思います。

(中川):まあ主に出てくるのは私の失敗談ばっかりで(笑)お子さんの話とかね。

(ご主人):楽しく話させてもらって。

(中川):良かったです。お金の話ってどうしても堅苦しくなっちゃいますからね。それで楽しんでいただけたっていうのは良かったかなと思います。では、相談を実際受けてみて、その前とどういう風に変わりましたか。相談することで得られた成果は何ですか?

 

住宅ローン、生命保険、火災保険の選択肢が広がり、「それいいね」といわれた。

(ご主人):やっぱり個人で考える分にはやっぱりどうしても限界があるのと、銀行なり保険会社なりに相談っていうのもいいんですけど、提示されたものしか見えてきません。やっぱり色んな選択肢があるので、プロの方に相談してその選択肢の中でベストなものを選ぶっていうのが理想的ですね。選択肢が広がったっていうのが大きいと思いますね。

(中川):なるほど。選択肢が広がった。自分で探してた分とかどこかの保険会社とか銀行に聞きに行った時よりもいろんな選択ができるようになって、その中で見えてなかったもっと有利なものだったりっていうのを選べたっていう事ですね?

(ご主人):そういうところが大きいと思います。

(中川):具体的に「これは良いもの選べた」っていうのはどういうものがありますか。

(ご主人):そうですね、やっぱり住宅ローンに関してはやっぱり独学では見つけられなかった部分があると思うので本当に助かりましたね。それと火災保険に関しても、周りのお話聞いても「ここはいいな」っていう話を聞くので、かなり良い所を紹介してもらったと思ってますね。

(中川):あと始めに入り口で相談いただいた、保険に関してはどうですか?

 

保険のセールスから入っていた保険が、不要な部分がなくなりスッキリした

(ご主人):保険に関しては前に入ってた保険がセールスに来られてた方の話で、成り行き上というか流れで入ってた分がありました。それで結婚を機に見直そうと思って相談したらやっぱり内容的な所で全然足りてない部分や不要な部分に払ってる部分も多かったので、そこが全部整理できました。それが大きい所ですね。

(中川):確かに、すっきりしましたよね。

(ご主人):保険はホンマ、スッキリしましたね。

(中川):良かったです。保険も住宅ローンとか家買うにあたってもご相談いただきましたが、相談していなかったらどうなっていたと思いますか?

 

知らず知らずに損していた可能性が充分に大きいと思う。

(ご主人):相談してなかったら、それぞれの保険会社なり銀行なりが提示してくれるものに多分、入ってて、知らず知らずに損してた可能性が充分に大きいと思います。やっぱり相談して良かったなと思ってます。

(中川):なるほど。知らず知らずに損してるって怖いですよね。気がつくとね。確かに。生涯で得られるお金ってある程度決まってますから、その中でお金がなくなっていくと、できることも限られてきますもんね。そこを上手くできると、人生でできることの選択も広がっていきますもんね。

ぶっちゃけた話ですよ、相談料ってどう思いますか。安いと思いますか、高いと思いますか?

 

最初は高いと思いましたが、結果が出てくると価値は十分にあると思いました。

(ご主人):そうですね、結構、入りの部分ではちょっと高いなと思うかもしれないですけど、実際相談させてもらって結果が出てくると、そんなもんなもんかなというところはあります。全然、相談する価値は十分あると思ってます。

(中川):わかりました。ありがとうございました。じゃあ最後に、これから家を買う人に対して何かアドバイスがあればお願いします。

 

自分だけで考えるのは限界があるので、いろんな人に相談するのも一つの手だと思う

(ご主人):家となると大きい買い物になるので、色々と悩みも多くなってくると思います。自分だけで考えるのは限界があるので、色んな人に相談するのも一つの手です。お金の面もかなり重要になってくるのでその辺りもしっかり考えてください。家ができてきたら楽しいことも多いのでね、そこに向けてしっかり(お金のことを)考えてやる事も大事かなと思います。

(中川):そうですね、家できると帰って来るの楽しみになりますもんね。

(ご主人):そうですね、ほんまにね。

(中川):家に帰って来て、お金に対して安心感があるのと、ないのとではすごい違うと思いますよね。家に帰って来て楽しい反面、払っていけるかどうかっていう不安に常に駆られるよりも、安心して大丈夫っていう風に住めた方が、より良いですよね。

(ご主人):そうですね。間違いなく。

(中川):なるほど。ありがとうございました。

(ご主人):ありがとうございました。

 

あなた自身でネットや本を使って集める情報に限界を感じていませんか?

年収300万、頭金なしでもマイホームを買って楽々住宅ローン返済
収入が少なくても頭金がなくても住宅ローンを楽々返済し、欲しい家とゆとりある生活を手に入れる方法