あなたもご存知だと思いますが、消費税の増税が確定しています。

平成26年4月に8%、平成27年10月に10%です。

では、消費税が上がるとマイホーム購入にかかる負担はいくら増えるでしょうか?

金額が増える項目としては以下のものがあります。

・建物価格(材料も増税になるので)

・土地の造成費用

・地盤改良費

・融資手数料

・司法書士報酬

・土地の仲介手数料

・家具家電の購入費

建物が2,000万円だったとして具体的にいくら増えるのか計算してみます。

建物価格が8%だと60万、10%だと100万。

それに8%と10%の消費税がかかるので、消費税が8%だと618,000円、10%だと105万円増えます。

これだけで、8%になると120万円、10%だと205万円です。

消費増税が建物価格に転嫁されるという前提です。

しかし、消費増税分をハウスメーカーが全部負担してくれることは考えにくいので、おそらくあなたが負担することになるでしょう。

その他諸々合わせると、8%だと130万円程度。

10%だと200万円程度負担が増えます。

負担が増えた分住宅ローン借入額も増えるかもしれません。

仮に、130万円余分に借入した場合、支払いが増える住宅ローン利息は約50万円です。

つまり、住宅ローン利息を合わせると8%になれば180万円。

10%になれば250万円ほど負担が増える計算になります。

政府で消費増税後の住宅購入について支援策を考えているようです。

しかし、何も具体的なことはわかっていません。

もしかしたら何もないかもしれません。

焦って無理をして購入する必要はありませんが、購入できるなら消費税増税前に購入しておいたほうが得策です。

住宅ローンが歴史的な低金利ということもあるので。

しかし、ただマイホームが手に入るだけではいけません。

住宅ローン審査にさえ通りすればマイホームは手に入ります。そして、審査はそれほど厳しくないです。

マイホームを手に入れたところで生活に苦しみ、住宅ローンを支払うだけの生活では幸せだとはいえないと思います。

そのため、あなたが購入しても大丈夫な金額を見定め、その金額内で購入する必要があります。

しかし、現在頭金が十分にないなどですぐに購入できないかもしれません。

その場合は消費増税までにマイホームを購入するのは諦めるしか無いのでしょうか?

いや、諦めるのは早いです。

マイホーム購入予算は増やすことができます。

では、どうすればマイホーム購入予算を増やすことができるのか?

それはこちらの動画でいくつか説明しています。

ぜひご覧ください!