節約に励まれている方、楽しまれている方はとっても上手に買物をされると思います。
そんな中で、先日買物をしていて気がついた見落としがちなことについて紹介します。
あるお店でラップの値段を見ました。
すると、クレラップが128円。
サランラップが98円。
これだけ見るとサランラップを買いますよね。
値段を見てものを買うのは節約の基本ですが、それでは本当に安いものを見分けることはできません。
では、クレラップが30cm×20mで、サランラップが22cm×15mだったらどうでしょう。
クレラップ20mに対してサランラップは15mなので、長さは3/4になります。
しかも、幅も30cmと22cnなので、サランラップの値段はクレラップの3/4以下でないといけません。
しかし、計算してみるとサランラップの値段はクレラップの3/4以上になります。
面積で計算してみましょう。
クレラップは600cm2ですが、サランラップは330cm2です。
クレラップは128円÷600で1cm2あたり0.213円。
サランラップは98円÷330で1cm2あたり0.29円。
どちらで計算してもサランラップの方が割高になります。
値段だけを見ているとじつは割高な商品を掴んでしまうことがあります。
値段だけではなく、容量を値段で割ってみて、1mlや1gあたりいくらになるのかまで計算して買い物をすると、割高な商品を買わなくて済みます。