※過去のメルマガ記事より
最近嫁の体調がよくありません。
私の実家が近いので家事などを頼もうと思えば頼めるのですが、それほど嫁姑間の仲が良くないのでそれができないんです。
ということで、嫁が病院に行ったり調子が悪ければ早く仕事を切り上げたりする必要があります。
単純に考えると、「仕事をする時間が減って仕事がたまるから大変だ」になります。
しかし、そのまま考えてしまうと愚痴や文句が出てしまうので、「限られた時間の中でいかに仕事を終わらせるか」と考えるようにしています。
普段仕事に13時間掛けられるところを10時間で実行するには仕事の取捨選択をしないといけません。
しなければいけないことを全て書きだして、優先順位をつけ、大事なもの順に並べ替えます。
そして、一番大事な仕事から片付けると同時に、自分でないとできない仕事かどうかも考えます。
人に任せてやってもらえるのであれば人にお願いします。
時間が限られていると思うと集中して仕事することができます。
こんなことを考えながら、「これって人生に似ているな~」と思いました。
どういうことかというと、多くの場合で人生を送るために使えるお金は限られているからです。
その限られたお金の中で自分の人生の夢や目標を達成するためにはどうすればいいのかと考える必要があります。
同じように、人生で叶えたいこと達成したいことやりたいことを全部書きだして優先順位をつけます。
そして、一番大事なことを達成するために行動します。
一番が終われば二番にと。
どうすれば自分が叶えたい多くのことを限られたお金の中で達成することができるだろうかと考えます。
これをライフプランニングといいます。
自分でできないことや人に任せたほうがいいことは人に任せることでより効率的に、多くの目標が達成できるかもしれません。
家を建てることが目標でも、自分でやるのはなかなか難しいのでハウスメーカーや工務店に依頼しますよね。
海外旅行に行きたくてもなかなか泳いではいけませんから、航空会社にいきたい場所まで運んでもらいます。
それと同じように、マイホームを買うときの詳細な資金計画や、最適な住宅ローン選択をFPに依頼することでマイホーム購入予算を多く出来たり、住宅ローンにかかる費用や早期返済を実現できます。
そこで余ったお金を他に叶えたい夢や目標に充てることが可能になります。
しかし、「使えるお金が少ない!」と文句を言っていては前に進むことはできません。
不満を覚えてそれを改善するために行動をするなら構いません。
不満やコンプレックスは大きなエネルギー源になります。
私も、子供の時のお金の苦労から「お金で困る生活は二度としたくない!」と思いそれに向かって努力しました。
そのおかげで今は特にお金で困るような生活はしていません。
「夫の給料が少ない!」とか「あれがどうだ!」と文句を言っていてはあなたの人生は何も変わりません。
現状がずっと続く人生は、あなたが本当に歩みたい人生ですか?
そうでなければ、現状を変える行動、努力をしてください。
ここでも、今人生を変えるために行動する事と、現状が続く人生とどちらのほうがイヤなのかを考えてみてください。