工務店と銀行のウフフな関係

「越後屋、お主も悪よのお・・・」

「いえいえ、御代官様こそ・・・」

あなたもこんな時代劇のシーンを

一度は見たことがあると思います。

時代劇の話でさらにテレビの中のことなので

あまりあなたの生活には関係無いように思えます。

しかし、「いえいえ、御代官様こそ・・・」は

身近な所で行われていることです。

これからマイホーム購入されるあなたには特に関係があります。

実は、工務店や地方のハウスメーカーと銀行は

御代官様と越後屋の関係になっていることが多いです。

御代官様が銀行で越後屋が工務店やハウスメーカーですね。

どういうことが説明します。

工務店やハウスメーカーは会社を運営する等のために

銀行からお金を借りています。

お金を貸している銀行は工務店からお金を返してもらわなければいけません。

工務店がお金を返すためには儲けなければいけません。

工務店が儲けるためには家を建ててもらわなければいけません。

家を建ててもらうためには施主を見つけ、

施主が住宅ローン審査に通る必要があります。

通常、施主は住宅ローンをどこで借りればいいかとか、

そもそも銀行によって金利や手数料が違うことを知りません。

そこで工務店はこう言います。

「うちと提携している銀行があって、

そこだと金利の優遇や審査が通りやすかったりするので

住宅ローンはそこにしましょう。」

何もわからない施主はそれに従います。

越後屋から御代官様への貢物ですね。

工務店に儲けてもらってお金を返してもらいたい銀行は

少々審査を甘くすることもあります。

工務店はこれで利益確定です。

銀行はこれで工務店からお金を返してもらえるようになります。

でも、銀行はあらたに施主にお金を貸しています。

それも返してもらわないといけません。

しかし、これは心配に及びません。

銀行は住宅ローンを貸し出す時にあなたに数十万円の「保証料」という

意味不明なお金を請求します。

万が一住宅ローンを支払えなくなったら

保証会社があなたに代わって住宅ローンを銀行に払ってくれますよ。

という保証のためです。

しかし実際は保証なんかされずに、

今度は銀行へ立て替えてローンを支払った保証会社から

取り立てを受けます。

これで銀行は損をすることを防いでいます。

まぁ、工務店への貸し出しも同じ様な手段で

保証をつけていることが多いのでハナから銀行は損しないように

なっているんですが・・・

ここであなたが気をつけないといけないことは

工務店やハウスメーカーから斡旋された銀行で

ホイホイ住宅ローンを借りないということです。

銀行によって金利や手数料、保証料が違います。

しかも、千円や二千円の世界ではありません。

数十万円、ほとんどの場合で百万年単位で違ってきます。

あなたが工務店から銀行への貢物になる必要はありません。

P.S 私は自分の役割を、御代官様と越後屋の悪巧みを壊す

水戸黄門的な役割だと思っています。