工務店と銀行のウフフな関係

工務店と銀行のウフフな関係

「越後屋、お主も悪よのお・・・」

「いえいえ、御代官様こそ・・・」

あなたもこんな時代劇のシーンを

一度は見たことがあると思います。

時代劇の話でさらにテレビの中のことなので

あまりあなたの生活には関係無いように思えます。

しかし、「いえいえ、御代官様こそ・・・」は

身近な所で行われていることです。

これからマイホーム購入されるあなたには特に関係があります。

実は、工務店や地方のハウスメーカーと銀行は

御代官様と越後屋の関係になっていることが多いです。

御代官様が銀行で越後屋が工務店やハウスメーカーですね。

どういうことが説明します。

工務店やハウスメーカーは会社を運営する等のために

銀行からお金を借りています。

お金を貸している銀行は工務店からお金を返してもらわなければいけません。

工務店がお金を返すためには儲けなければいけません。

工務店が儲けるためには家を建ててもらわなければいけません。

家を建ててもらうためには施主を見つけ、

施主が住宅ローン審査に通る必要があります。

通常、施主は住宅ローンをどこで借りればいいかとか、

そもそも銀行によって金利や手数料が違うことを知りません。

そこで工務店はこう言います。

「うちと提携している銀行があって、

そこだと金利の優遇や審査が通りやすかったりするので

住宅ローンはそこにしましょう。」

何もわからない施主はそれに従います。

越後屋から御代官様への貢物ですね。

工務店に儲けてもらってお金を返してもらいたい銀行は

少々審査を甘くすることもあります。

工務店はこれで利益確定です。

銀行はこれで工務店からお金を返してもらえるようになります。

でも、銀行はあらたに施主にお金を貸しています。

それも返してもらわないといけません。

しかし、これは心配に及びません。

銀行は住宅ローンを貸し出す時にあなたに数十万円の「保証料」という

意味不明なお金を請求します。

万が一住宅ローンを支払えなくなったら

保証会社があなたに代わって住宅ローンを銀行に払ってくれますよ。

という保証のためです。

しかし実際は保証なんかされずに、

今度は銀行へ立て替えてローンを支払った保証会社から

取り立てを受けます。

これで銀行は損をすることを防いでいます。

まぁ、工務店への貸し出しも同じ様な手段で

保証をつけていることが多いのでハナから銀行は損しないように

なっているんですが・・・

ここであなたが気をつけないといけないことは

工務店やハウスメーカーから斡旋された銀行で

ホイホイ住宅ローンを借りないということです。

銀行によって金利や手数料、保証料が違います。

しかも、千円や二千円の世界ではありません。

数十万円、ほとんどの場合で百万年単位で違ってきます。

あなたが工務店から銀行への貢物になる必要はありません。

P.S 私は自分の役割を、御代官様と越後屋の悪巧みを壊す

水戸黄門的な役割だと思っています。

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です