あなたはどれだけ正解できますか?

家賃=ムダ、住宅ローン=資産は大きな間違い!

家賃はムダ。住宅ローンの支払は資産になっていると勘違いしている人は非常に多いです。

そう、これは大きな間違いなのです。

家賃は掛け捨てであることは間違いありません。全て大家さんの収入になります。しかし、マイホームへの支払なら自分のもののためにお金を支払っているような気がしますよね。

では、具体的な数字で見てみましょう。

あなたが建物2,000万円、土地1,000万円の住宅を購入したとします。諸費用1割300万円を支払、3,000万円の借入をしました。

金利2.5%、返済期間30年で返済した場合、総返済額は45,044,199円になります。

30年返済した後、いったいマイホームの価値はいくらでしょうか?

30年経った後、建物の価値はほとんどありません。仮に、建物の価値は1割の200万円、土地の価値はそのままで1,000万円あったとします。

4,500万円支払って手に入れた資産は1,200万円です。ということは3,300万円の掛け捨てになりますね。

30年間で3,300万円の掛け捨てをしました。1年当たりで割ると110万円、毎月9万円の掛け捨てです。さらに、毎年固定資産税が10万円かかっているとすると、年間120万円、毎月10万円を掛け捨てしているということになります。

買った時の価値がずっと続くなら掛け捨ては少なくなります。しかし、返済が終わった時にはマイホームの価値は大きく減っています。つまり、支払う住宅ローン全てが資産になっているわけではないのです。

ここを理解していないと、家賃=ムダ、住宅ローンは資産になるから得だと勘違いしてしまいます。

安易にマイホームを購入してしまい、後で後悔することのないよう、この事実を理解しておきましょう。

家がほしいけど、どうすればいいか
わからないあなたはこちらをクリック
土地や建築メーカーを選んでいるがお金が不安なあなたはこちらをクリック住宅ローンで悩まれている方は
こちらをクリック