マイホーム購入前、賃貸住宅に住んでいる間はほとんどの場合で家賃を支払っていると思います。

家賃は、家を貸してくれている大家さんに払うものです。

言わば、ビデオのレンタル料と同じなので払ったものは返ってきません。

つまり、掛け捨てです。

お金を捨てていると思うと、どうしてももったいなく感じてしまいますよね?

そう思い、「同じお金を支払うんだったら・・・」とマイホーム購入を考えることもあるでしょう。

しかし、マイホームを購入すればもったいないお金は全くなくなるのでしょうか?

もったいないのは家賃だけでしょうか?

考えたことはありますか?

実は、マイホームを購入したところでもったいないお金は無くならないのです。

通常、マイホームを購入する場合は住宅ローンを利用します。

住宅ローンを利用すると、利息を銀行など金融機関に支払わなければなりません。

住宅ローン利息は金融機関の儲け。

つまり、これも掛け捨てです。

さらに、土地や建物を所有することで固定資産税の支払いも始まります。

固定資産税は税金ですから、国に納めたら返ってきません。

これも掛け捨てです。

マイホームを購入すれば、もう一つもったいないものがあります。

それは、資産価値の減少です。

物件も年数が経てば価値も下がるでしょう。

下がった資産価値分は掛け捨てになります。

仮に、2,000万円で買った建物が30年後に1,000万円の価値になったならば、1,000万円の掛け捨てです。

住宅ローン利息、固定資産税の支払い、資産価値の減少。

家賃の支払いがもったいないからマイホームを購入するのであれば、これら「もったいない3兄弟」の支払いが、家賃の支払合計よりも少なくなるようにしなければなりません。

たくさんのマイホーム系チラシや広告で「家賃=もったいない」と謳われています。

そのせいで、家賃だけがもったいないものだと決め付けるのは危険です。

もったいない支払いを減らしたいのならば、どうすればもったいない支払いを減らすことができるのかを考えることが重要です。