マイホームを考える動機で多いのが「家賃がもったいないから」というものです。
私も家を衝動買いしてしまったときは強くこの思いに駆られていました。
おかげで失敗してしまったんですが・・・
私の失敗談はさておき、では、マイホームを買って家賃の支払が住宅ローンに変わった時。
本当にもったいないのは解消されているのかを考えてみます。
そもそも家賃をもったいないと思うのは、支払っている家賃が自分のものにならないからですよね。
保険で言うところの掛け捨てです。
それが、住宅ローンになると自分の資産であるマイホームへの支払いだからもったいなくないと一般的に思われています。
果たしてコレは正しいのでしょうか?
実は、これはあまり正しくありません。
理由は2つあります。
1つ目は、住宅ローン支払いのうち、住宅ローン利息は家賃と同じ掛捨てだからです。
たとえば、2,500万円の物件を買って2,500万円を金利2.5%、30年返済で借りたとします。
すると、総返済額は35,560,638円になります。
1,000万円以上余分に支払っていますから、これはムダになりますね。
2つ目は、住宅ローンの支払いが終わったときに建物の価値は殆ど無いからです。
たとえば、先の2,500万円の物件。
土地が1,000万円で建物が1,500万円だったとしますね。
住宅ローンが支払い終わる30年後に、土地の値段は変わらなかったとします。
建物の価値はもうありません。
すると、2,500万円で買った物件も価値が1,000万円になっています。
しかし、30年間で3,500万円支払います。
1,000万円の価値のものに3,500万円支払ったということは、2,500万円の掛け捨てです。
これを30年間で割ると毎月約7万円になります。
7万円の家賃がもったいないからと思って、2,500万円の住宅ローンを借りた場合。
実は家賃を支払っているのと同じ金額の掛け捨てをしていたなんていこともあります。
さらに、家を買うのに諸費用もたくさんかかりますから、それも含めるともう少し掛け捨てが多くなります。
家賃を支払うのがもったいないからと思って住宅ローンを借りたとしても、もったいない掛け捨てが無くなるわけではありません。
家賃=もったいない、住宅ローン=もったいなくないという固定観念を捨て、焦ってマイホームを購入してしまわないように気をつけてください。