徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナーの中川です。

「家賃がもったいないから家を買うは正解なのか?」

マイホーム購入する動機の大きなものに「家賃がもったいないから」というものがあります。

私自身も家賃がもったいないからという理由でマイホーム購入を考えました。

確かに家賃はもったいないです。

しかし、マイホーム購入をして住宅ローンの支払が始まれば、家賃のようにもったいない支払いはなくなるかというとそうではありません。

家賃と同様に、住宅ローン返済の利息部分や固定資産税は掛け捨てなのです。

さらに、購入した家の価値も年々下がっていきます。

2,000万円で購入した家の価値が30年後に1,000万円になっていたら1,000万円は掛け捨てだったということになりますよね。

あなたがもし、家賃がもったいないからという理由でマイホーム購入するならば、これから支払う家賃よりも、マイホーム購入して支払う住宅ローン利息や固定資産税、家の価値減少を少なくしなければいけません。

そうでなければ、家賃を支払っていくよりもマイホーム購入したほうがお金もったいなかったということになります。

あなたがマイホーム購入したい理由はなんでしょうか?

「家賃がもったいないから」ということで、マイホーム購入に向けて進んでいるのなら一度立ち止まって本当にどちらがもったいないのかを計算してみましょう。