こんにちは~!
徳島の住宅取得専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「家財の火災保険金額の目安は」
火災保険は建物と家財道具に掛けることができます。
火事が起きても、建物だけしか火災保険に入っていないと家財道具が燃えてもお金をもらうことはできません。
仮に家財道具が全部燃えたとしたらまぁまぁの金額になると思います。
家財道具というと、冷蔵庫や洗濯機やテレビなどの大型家電などがまず頭に浮かぶと思います。
しかし、それ以外にも衣服や食器類など細々したものも含まれます。
これらを一から買い直すとなると数十万円では済まないと思います。
以下の表は家財の保険金額の目安表です。
年収300万で家を買う節約・貯蓄術!マイホームが建つ生命保険
私は結構高いイメージがあるんですが、いかがですか?
試しに、家にある家財道具を積算してみましたが、全部で200万円くらいでした。
家庭によって違うと思いますが、このちょっと高めだと思います。
さらに、もし家財が全部燃えてしまったとしても、今家にあるもの全部買い揃えないと生活できないことは無いと思います。
家財の保険金額を考えるときは、今あるもの全部の積算ではなく、生活に必要なものを買い直せるくらいの金額で十分だと思います。