こんにちは!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「土地をキャッシュで購入するときの注意点」
つなぎ融資の記事で、つなぎ融資も借り入れなので金利はもちろん手数料もかかるとお伝えしました。
できればつなぎ融資を利用せずに現金一括で土地を購入するのに越したことはありません。
しかし、ここで気をつけることがあります。
それは、土地購入の後に発生する建物に関する費用が支払えなくならないようにすることです。
建物を建てる上で、設計料が発生したり工事の着手金や中間金などを支払わなければならないこともあります。
土地購入にお金を使い果たしてしまって、これらの費用を支払えないと建物の工事が進みません。
そこから慌ててつなぎ融資の申し込みをする必要が発生します。
上記費用であればつなぎ融資でまかなうこともできますが、住宅ローンの融資手数料だとか火災保険料、印紙代や司法書士の報酬などは手持ち資金で支払う必要があります。
また、引越し費用や新しい家具・家電を購入するためのお金も場合によっては必要になります。
土地を現金一括で買えるだけの現金を持っていても、後々の費用が払えなくならないように土地の時点からつなぎ融資を利用しておくという方法もあります。
土地を買って建物を建てる場合、いつどこでどんなお金がいくらいるのかを明確にして入念に資金計画を建てる必要がありますね。
一番いいのは、代理受領といって不動産会社やハウスメーカーが土地代等を先に支払ってくれ、建物が完成したときに借入する住宅ローンで清算してしまうという方法です。
すると、土地代も建物が完成した後の支払いになるのでつなぎ融資は必要ありません。
ただ、この代理受領をしてくれる会社としてくれない会社があるので不動産会社やハウスメーカーに確認してみましょう。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
めちゃくちゃ安い住宅ローン、フラット35Sの技術基準
500万円安くマイホームを手に入れられるかもしれない本
3割安く家を建てられるマイホーム入札とは

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね

ウィジェットに広告コードを貼り付ける必要があります。