戸建ての購入を考えている人は、土地をどこにするかと、建物をどこで建てるかを決める必要があります。
多くの方は土地と建物とを平行して探すと思います。
土地は不動産屋さんや情報誌を見ながら。
建物は住宅展示場を回りながら。
では、土地が先に決まったとします。
土地を不動産屋さんに仲介してもらうと仲介手数料がかかります。
多くの場合で土地の価格×3%+6万円の仲介手数料がかかります。
1,000万円の土地であれば36万円ですね。
その後で建築する会社を決めるようになります。
しかし、土地代金を一括で支払えない場合は建築会社を選ぶ時間が制限されるかもしれません。
不動産屋さんに代金の決済を急がされたり、他にも希望者がいるなどの場合。
住宅ローンを利用するには建物の代金も確定しないと住宅ローンを利用できません。
すると、じっくりと建物選びに時間を掛けられなくなってしまいますね。
なので、建物選びから始めたほうがじっくりとどんな建物にするのかを考えることができます。
また、建物を建てる工務店なりハウスメーカーが宅地建物取引業もしていて土地の仲介も出来る場合は、「おたくで建物を建てるんだから仲介手数料を少し安くしてよ」ということも言えます。
仲介手数料の3%+6万円はあくまで法律で決まった上限なので、それ以下であれば自由に設定できます。
戸建ての新築を考えている人は、土地も建物も探すけれども、決めるのは建築会社から決めたほうがいいと思います。