固定金利期間選択型の住宅ローンが向いている人とは

こんにちは~!徳島の住宅取得相談ファイナンシャルプランナー中川です。
「固定金利期間選択型の住宅ローンが向いている人とは」
先日の記事「住宅ローン固定金利期間選択型とは」で、固定金利期間選択型の特徴を説明しました。
今回は、これがどんな人にオススメのか解説します。
このタイプの住宅ローンが向いているのは固定期間の間くらいで住宅ローンを完済できる人です。
10年固定の住宅ローンであれば、10年くらいで返済を終えてしまえる人ですね。
返済に15年かけるとして、フラット35と総返済額はどちらが小さくなるか比べてみます。
10年固定は当初10年間金利1.2%(京都銀行)、10年後は4%になるとします。
フラット35は2.06%で計算します。
借入額2,000万円だったとすると総返済額はこうなります。
10年固定:22,388,403円
フラット35:23,265,805円

10年固定の方が100万円近くも総返済額が少ないですね。
では、返済期間を30年に延ばしてみます。
10年固定:28,470,028円
フラット35:26,828,958円

今度はフラット35の方が安くなりましたね。
返済期間を固定金利期間と同じくらいに設定するとことで、固定金利期間の低い金利によるメリットを活かすことができます。

▼住宅ローン関連記事
お金を貯める前に住宅ローンを借りたほうが得かどうか
住宅ローンの返済額の目安はいくら?
住宅ローンを決めるときに絶対してはいけないこと

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中川優也

「理想の家と豊かな暮らしを両方手に入れるためのコンサルタント」 子どもの時から母子家庭で育ち、お金で苦労をする。「お金の苦労を終わらせる!」という決意の元、お金に関するあらゆることを学習、実践する。ついにオリジナルの誰でもお金持ちになる方法を開発。 500件を超えるコンサルティングを行い、多くのクライアントが理想のマイホームとお金に不安のない暮らしを実現している。北海道から沖縄まで、全国から多数コンサルティング依頼を受けている。