年収300万でマイホームトップ>マイホーム資金計画>建物の固定資産税はいくらかかるのか?」
こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「固定資産税と共に支払いが増えるかもしれないもの」
前回は建物の固定資産税を計算しました。
一般の新築建物で3年間は建物に関する固定資産税半額。
長期優良住宅や3階建て以上の耐火建築物・準耐火建築物は5年間固定資産税半額です。
ということは、3年や遅くても5年後には固定資産税は倍になるということです。
建物の固定資産税評価額が1,000万円だとすると、約7万円の出費増になるので結構大変です。
普通車の税金2台分ですね。
これだけでも結構しんどいですが、さらに支払いが増えるかもしれないものがあります。

それは住宅ローンの返済額です。

借り入れたときの条件が3年固定金利や5年固定金利だと、固定金利期間が終了した後適用金利が上がり住宅ローンの返済額が増えます。
つまり、固定資産税増と住宅ローン返済額増のダブルパンチ状態になってしまうかもしれないということです。
住宅ローン借入条件を3年固定金利や5年固定金利にしようと検討している方は、住宅ローン返済額の増額だけでなく、固定資産税の増額も視野に入れておきましょう。

▼住宅ローン関連記事
変動金利の最大のリスクとは?
住宅ローン減税とは
もう一つの住宅ローン返済方法

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね