こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「団体信用生命保険デュエットVS生命保険」
先日の記事で、団体信用生命保険のデュエットについてご説明しました。
では、毎度おなじみ団体信用生命保険と生命保険とどちらが得かのコーナーです。
試算条件は以下の通りです。

【条件】
住宅ローン名義人:30歳男性、30歳女性
住宅ローン借入額:3,000万円
持分割合:夫6、妻4
返済期間:35年
金利:2.63%
返済方法:元利均等返済
3大疾病:なし
毎月返済額:109,350円

この場合の団体信用生命保険デュエットの掛け金は3,421,200円でしたね。
それに対する生命保険がいくらになるのか計算してみましょう。
今回は、収入保障保険の保障額は毎月11万円で計算します。
タバコを吸うか吸わないかで掛け金が変わりますが、夫婦ともにタバコを吸う場合と夫婦ともにタバコを吸う場合で計算してみたいと思います。
夫婦ともにタバコを吸わない場合は、夫年額38,390円、総額1,343,650円。
妻年額26,763円、総額936,705円。
夫婦合計で2,280,355円
団体信用生命保険デュエットとの差額は1,140,845円です。
およそ115万円の差額は大きいですね。
では、夫婦ともにタバコを吸う場合の掛け金です。
夫婦ともにタバコを吸う場合は、夫年額46,937円、総額1,642,795円。
妻年額29,568円、総額1,034,880円。
夫婦合計で2,677,675円
団体信用生命保険デュエットとの差額は743,525円です。
こちらも結構な差額が出ますね。
通常の団体信用生命保険と同じく、年齢が若ければ生命保険で住宅ローンの保障を確保したほうが安上がりで済みます。
「では、デュエットに3大疾病をつければどうか?」と思われたかもしれませんが、デュエットの場合は3大疾病を付けることはできません。
いずれの場合でも、団体信用生命保険と生命保険で保障を確保するのと、どちらが安いかしっかり計算してみましょう。
役に立ったと思ったらワンクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

▼住宅取得相関連記事
団体信用生命保険料
団体信用生命保険の方が損?
団信に加入しないとフラット35は組めないのか?

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね