こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「団体信用生命保険のデュエットとは」
デュエットというと、一つの曲を二人で交代交代歌うやつですよね。
小さい頃によく「酔いすぎたのは~、あなたのせいよ~」という曲を聞かされた記憶があります。
さて、団体信用生命保険のデュエットはそのデュエットとは少し違います。
団体信用生命保険のデュエットは、夫婦どちらかが亡くなったら住宅ローンの支払が無くなるというものです。
夫婦共有名義で住宅ローンを借りる際に利用できます。
通常の団信であれば、夫が亡くなれば夫の持分の住宅ローンがチャラになります。
同じように、妻が亡くなれば妻の持分の住宅ローンがチャラになります。
しかし、デュエットであればどちらかが亡くなれば持分割合に関係なく全額住宅ローンがチャラになります。
さて、気になる掛け金ですがこの条件で試算しました。

【条件】
住宅ローン名義人:30歳男性、30歳女性
住宅ローン借入額:3,000万円
持分割合:夫6、妻4
返済期間:35年
金利:2.63%
返済方法:元利均等返済
3大疾病:なし
毎月返済額:109,350円

通常の団信の場合は夫の分1,319,700円、妻の分879,700円です。
デュエットにすると、3,421,200円です。
通常の団信と比べて約1.6倍ですね。
役に立ったと思ったらワンクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
では、次回はデュエットと、生命保険で代用した場合の掛け金比較を行います。

▼住宅取得関連記事
団体信用生命保険料
団体信用生命保険の方が損?
団信に加入しないとフラット35は組めないのか?

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね