仲良くしていた友達が先にマイホームを買った・・・

ライバルが先にマイホームを買った・・・

他にも、同級生、友達、親友、同僚など。

先にマイホームを購入したと聞くと、少し悔しい思いをするかもしれません。

しかし、それは大きなチャンスです。

どんなチャンスかといえば、情報収集をするチャンスです。

建てたもしくは買ったハウスメーカーや工務店などはどうだったか?

借りた住宅ローンはどこの銀行で、金利や手数料、保証料はどうだったか?

間取りや建物のこだわったところや、どうしてそれに決めたのか。

逆に、もっとこうしておいたほうがよかったことはなにか?などなど。

聞けることはたくさんあります。

そうして、あなたがマイホームを購入するときの参考にするといいです。

友達が建てたマイホームを見るだけでも、参考になるところはたくさんあると思います。

私は、マイホームを購入する前に、できるだけたくさんの建物を見たほうがいいと思います。

なぜなら、たくさん建物を見ると、本当に自分が欲しいと思う建物がどんなものかがわかってくるからです。

住宅展示場などへでかけると、初めはどの家を見ても「綺麗でいい家だ。」と思うことでしょう。

しかし、たくさん見てくると自分達の理想に合わない家がどんなものかわかってくると思います。

展示場や完成見学会へ行った先で、その建物のよかったところや悪かったところを都度メモしておくといいでしょう。

建物や土地、それから住宅ローンなどのお金についてできるだけたくさんの情報を集め、一生に一度の買い物で失敗しないようにしてください。