私にマイホーム購入相談をされた方へ紙面インタビューを行いましたのでご覧ください。
この方は埼玉県にお住まいの30代の女性です。
購入するハウスメーカーや購入金額等が決まった後にご相談いただきました。
まず、現状を確認し、キャッシュフロー表を作成しました。
すると、そのままマイホーム購入すると、15年ほどで住宅ローンを支払えなくなると判明。
ところが、加入されている生命保険を見直すことで、もう一人出産しても問題ないようになりました。
住宅ローンの選択のことでハウスメーカーの営業や銀行員とひと悶着有りました。
それら問題を乗り越えて、地鎮祭も済み、順調にマイホーム完成へと向かっています。
年収300万で家を購入できる徳島のマイホーム購入相談専門FPブログ
私もマイホームの完成がとても楽しみです。
それではインタビューをどうぞ!
年収300万で家を購入できる徳島のマイホーム購入相談専門FPブログ
年収300万で家を購入できる徳島のマイホーム購入相談専門FPブログ
Q:どういう経緯で相談しようと思いましたか?
主人が転職してまもなくで、年収が低いので住宅ローンが組めるのか?年齢的にも家を今建てて大丈夫なのか心配だったのでネットで色々検索しました。
Q:相談する前はどんな悩みを持っていましたか?
・主人の年収
・もう一人子どもが欲しいけれどローンを返済していけるのか?
・お付き合いで入っているムダの多い保険をやめたい
Q:相談すること自体に不安はありましたか?もしあれば、何が不安でしたか?
やはり…ネットでのやり取りだという事。
関東在住なので直接お目にかかれないので詐欺だったらどうしよう…と。(中川さんごめんなさい)
Q:相談する前の不安はどのように解決されましたか?
メールやSkypeでのやり取りで、誠実な人柄が分かり不安は消えました。
Q:相談は具体的にどう行いましたか?
メール。内容によりスカイプ。
私は細かい性格なので、かなりの回数メールを送ってしまいました。
Q:相談した内容はどういうものでしたか?
1.メーカーの勧めで変動金利を選択しているが大丈夫かどうか?
2.お付き合いの保険をやめたい
3.この先ローン支払いはやっていけるか?
4.ムダなのかよくわからない自動車保険も見直したい
Q:その内容について、どのように解決しましたか?
1.率の悪い保険を解約して住宅ローンに回すことでフラット35が選択できました。
2.やはりムダが多かったので解約し、合ったものに入った。
3.キャッシュフロー表を作成していただいて将来のお金の動きがわかった
4.何も考えずに更新してきたが、ムダなプランはやめて、いざというときに役立つ小さなオプションをつけた(全然知らなかった)
Q:相談を受けての印象はどうでしたか?
自分達なりにマイホームについて勉強したつもりでした。
でも、実際には私たちはフラット35が使えるのか?など、分からない事が沢山ありましたが、1つずつ丁寧に教えて下さいました。
Q:相談を受けて、相談する前とどのように変わりましたか?どんな成果を得られましたか?
フラット35が選択できました。金利変動の影響で返済額が上昇してしまう不安がなくなりました。
銀行員でさえフラット35についてはよくわからずてんてこ舞いでしたが、中川さんの知識のおかげで無事処理できました。
Q:これからマイホームを購入される方へのアドバイスをお願いします。
全部人任せではダメですね…。少し自分で調べるのも大切だと思います。
それからお金のことはFPに相談しているということを最初に営業マンに伝えるといいと思います。
途中で伝えると態度が豹変する場合があります(笑)
ーインタビュー終了
最後の質問への回答で、「営業マンの態度が豹変する場合がある」とあります。
この方を担当されていたハウスメーカーの営業さんが豹変したのです。
「私に住宅ローンの提案を受けて、住宅ローンを決めた」というところから、これまで親切に熱心にしてくれていたのに豹変し、質問しても冷たくあしらわれたり「本当にお客に対する態度か?」と思うようなことまでされたようです。
おそらく、自分が提案した住宅ローンを受け入れてもらえなかったことに対する苛立ちだと思います。
この方がおっしゃるように、ハウスメーカーや工務店を決める前にFPに相談し、それを事前に伝えていれば営業マンの豹変を防げます。
マイホーム購入を実現したいなら、私への相談はお早めに。
具体的に3年後に欲しいなどがきまっていなくてもマイホーム購入相談はできます。
あなたも住宅ローン、生命保険共にベストな選択をし、将来の安心感を得た上でマイホームを購入しませんか?
↑9月10日までの限定募集です。決断が遅くなると、漠然とした不安を抱えたまま過ごす日が続き、マイホーム実現もその分遅くなるかもしれません。
提案に満足できない場合は全額返金しています。つまり、相談することであなたが損をすることはありません。迷われているなら、今すぐ相談申し込みしてください。