こんにちは!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
借りられる額と借りていい額は違う
マイホームを建てるのに住宅ローンの審査が通るかどうかや、いくらまで借りられるかということはよく考えられる方が多いです。
しかし、いくらまで借りて大丈夫かということを考える方は少ないように思います。
もちろん住宅ローンを借りることは大事です。
借りられないと多くの場合でマイホームも手に入れられないですからね。
しかし、家を建てたとしても住宅ローンを返していけないのは最悪です。

多くの場合で家を手放しても二束三文にしかならず、家を手放したあげく借入だけが残るという状況になってしまうからです。

例えば、こんな条件があったとします。

・年収300万
・金利2.23%
・返済負担率30%

この条件だと借り入れ可能額は2,185万円です。
月々の返済は元利均等返済だと約75,000円です。
最悪の状況にならないためにも、この毎月75,000円をずっと返済していけるのかどうかよく考えてみてくださいね。

【関連記事】
◆マイホーム購入プラン
これがベスト!家計に占める住居費の割合
住宅ローンの他に住居費として考えたほうがいいもの
長期優良住宅を建てて、住宅ローンを早く終わらせる方法