こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅取得時の諸費用、仲介手数料を節約する方法」
仲介手数料とは、不動産会社に土地や建物を仲介してもらったときにかかる手数料です。
不動段会社にその建物や土地の持ち主とつないでもらう費用ですね。
不動産情報の中の「取引形態」が「仲介」になっていたら仲介手数料がかかります。
さて、仲介手数料がいくらかかるのかです。
金額は売買金額によって変わります。

200万円以下なら5%
200万円超~400万以下なら4%
400万円超~なら3%

仮に1,000万円の土地を仲介してもらった時は以下の計算になります。
200万円×5%+200万×4%+600万×3%=36万円
でもこの計算を覚えるのは大変なので式を簡単にすることが出来ます。
売買価格×3%+6万円
1,000万円を当てはめると1,000万×3%+6万円=36万円です。
この仲介手数料、取引形態が仲介になっていたら確実にかかります。
しかし、この仲介手数料の計算式はあくまで仲介手数料の上限を計算しているだけで、必ずこの金額を払わないといけないことはありません。
宅地建物取引業法にも、これ以上の金額を請求してはいけませんよと定めてあるだけです。
なので、値切り可能です。
提示された仲介手数料をそのまま支払うのはケータイクーポンを使わずにマクドナルドでセットを頼むようなものです。
仲介手数料を請求されたら、とりあえず値切ってみてくださいね。
さてこの仲介手数料、実は無料にすることも出来ます。
その方法はまた次回に~

【関連記事】
▼住宅取得諸費用関連記事
住宅ローン実行時の諸費用、融資事務手数料とは
つなぎ融資の諸費用、住宅融資保険用手数料とは
マイホーム取得にかかる諸費用を節約しよう!その1 不動産登記

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね