こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅取得にかかる諸費用を20万円減らす」
住宅取得時はたくさんの諸費用がかかります。
一般的に新築の建て売り住宅で購入代金の5%~7%、土地から買って家を建てる場合は10%、中古住宅で10%程度と言われています
しかし、それを言われたまま支払う必要は全くありません。
節約できて支払う諸費用が減るならばそれに越したことはありません。
ということで、支払う諸費用は徹底的に節約していきましょう。
まず、かかる諸費用で「司法書士への報酬」というものがあります。
これは、土地や建物の登記を司法書士へお願いしたときにかかる費用です。
登記なんて難しそうだから専門資格がないと出来なさそうですが、実はこれは自分ですることもできます。
司法書士の報酬は、司法書士にもよると思いますが大体15万~30万円くらいだと思います。
仮に20万円だったとしても、20万円節約出来れば大きいですよね。
新築の家にあこがれの大画面3Dテレビを置けるかもしれません。
肝心の自分で登記をする方法ですが、僕はその専門家じゃないのでよくわかりませんがこちらのサイトに詳しいやり方などが書かれていますので参考にしてみてください。
ただ、結構時間と手間がかかるようなので、共働きでどちらも忙しい場合などはすんなりお願いしてもいいかもしれません。
比較的時間に余裕のある方は挑戦してみてください。

▼住宅ローン関連記事
頭金と諸費用はどれくらい貯めればいいの?
賃貸住んでいる人が頭金を貯める前に考えないといけない大事なこと
頭金を貯めてからマイホームを購入した方がいいのかどうか

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね