こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅取得にかかる諸費用を節約しよう!その1 不動産登記」
不動産登記ってなに?
以下、Wikipediaより
不動産登記(ふどうさんとうき)は、不動産(土地及び建物)の物理的現況と権利関係を公示するために作られた登記簿に登記することをいう。土地と建物につきそれぞれ独立した登記簿が存在し(区分所有の例外あり)、登記事項も若干異なる。不動産登記は、民法・不動産登記法及びその他政令等によって規律される。不動産登記の事務は、登記所(法務局)において登記官が行う(不動産登記法6条、9条)。
平たく言うと、「この土地とか建物は俺ものだ!」というのを法的に認めさせるものだと思います(専門家じゃないので雰囲気)
住宅取得するときには必ず必要になる手続きです。
一般的にはこの不動産登記手続、司法書士さんにお願いします。
でも、ただでやってくれるわけではなくお金かかるんですよね。
実は、この不動産登記手続は自分でもできます。
自分でやる事によって手間はかかりますが司法書士への報酬分を節約することができます。
金額は司法書士にもよると思いますが、20~30万くらいだと思います。
時間がある人や手間をかけられる人は挑戦してみてもいいかもしれませんね。

【関連記事】
▼住宅取得プラン
家を建てる前にこれだけはやめたほうがいいこととは?
家を建てたいならまずコレを考えよう~!
この家、いくらだと思いますか?

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね