年収300万でマイホームトップ>失敗しない住宅取得計画>住宅取得で人生を大きく変える方法
こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅取得購入で人生を大きく変える方法」
通常、住宅取得相談は「今の仕事をずっと続けた場合」の前提で行います。
今の仕事をずっと続けてということは収入の先がある程度見えます。
収入の先がある程度わかると、どれくらいまでの金額ならマイホームに出せるかがわかります。
住宅取得に出せる金額がわかれば、どんな家を購入できるかがわかります。
ただし、これが必ずしも思い描いていた夢のマイホームとおなじになるとは限りません。
今から将来の収入を予測して安全な老後を迎えるために、住宅取得へ出せる金額は2,000万円だったとします。
でも、理想とするマイホームには3,000万円くらいかかる。
その時選択肢は3つあります。
1.マイホームを諦めて賃貸にする
2.2,000万円の範囲内で住宅取得を考える
3.3,000万円の家を購入する

おそらく「2」を選ばれる方が多いと思います。
「3」の選択肢は無謀ですね。
老後を安心して迎えるためのお金が1,000万円足らなくなってしまうかもしれません。
そうすると老後生活できなくなるかもしれませんよね。
でも、人生を大きく変えるための選択肢は「3」以外にはありえません。
「3」を選ぶことで人生が大きく変わる可能性があります。
あ、もちろん将来や老後のことも何にも考えずに「3」を選択するのは論外です。
これは人生が変わるとしても住宅ローンの支払いで首をくくるか、老後に生活保護になるかです。
マイホームに2,000万円しか回せないと分かっていて敢えて3,000万円の家を買います。
それでどうして大きく人生が変わるのか?
その理由は次回に~

▼住宅取得資金計画関連記事
マイホームを建てるタイミングはいつ?
土地をキャッシュで購入するときの注意点
マイホームを建てられるかどうかは気の持ちようが大事

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね