こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローン選びにおいて大事なこと」
家を購入する時、いくつか設計された住宅ローンの中から選ぶと思います。
その時は、毎月の返済額を見て判断しがちです。
もちろん、支払えない返済額の住宅ローンは借りられませんので、毎月の返済額をチェックすることも大事です。
しかし、毎月の返済額よりも総返済額がいくらになるのかを重視して判断しましょう。
たとえば、こんな住宅ローンがあったとします。
住宅ローンA:毎月60,000円
住宅ローンB:毎月100,000円

これだけ見て判断するなら住宅ローンAを選びますよね。
しかし、これならどうでしょうか。
住宅ローンA:毎月60,000円、返済期間35年
住宅ローンB:毎月100,000円、返済期間20年

この場合、住宅ローンAの総返済額が2,520万、住宅ローンBの総返済額は2,400万円です。
毎月10万円支払えないのなら仕方ないですが、払えるなら住宅ローンBも検討の余地に入りますよね。
こんな風に、毎月の返済額だけで判断すると余分な利息を払うようになるかもしれません。
全部でいくら返すのかを必ず確認しましょう。