こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナーの中川です。
「住宅ローン返済負担率の落とし穴」
住宅ローン審査に大きな影響を与える項目の一つとして、返済負担率があります。
返済負担率とは、年収に占める住宅ローン返済額の割合です。
例えば、年収400万円(税込)の人が年間に100万円住宅ローンを返済していると、返済負担率は25%になります。
一般的に住居費は収入の4分の1程度が目安と言われています。
年収400万円で100万円の住宅ローン返済なら、25%なので問題ないと思われるかもしれません。
実際、銀行などで住宅ローン審査を受けるときは返済負担率が25%であれば問題と思われません。
他に問題がなければ審査も通るでしょう。
しかし、ここに見落としがちな落とし穴があります。
それは使うことができないお金まで考慮していることです。
税込年収のうち2割くらいは所得税や住民税、健康保険料に厚生年金保険料に取られます。
これらのお金は使えませんので、「住宅ローンを返済していけるかどうか?」の返済負担率の考慮にいれるべきではありません。
つまり、返済負担率は本来手取りで計算すべき数字なのです。
先ほどの税込年収400万円の例を見てみます。
手取り収入が320万円だとすると、返済負担率は31.25%になります。
これでは、収入の3割が住宅ローン支払いに消える計算になります。
さらに、固定資産税の支払いも始まります。
金額は購入する物件等によりますが、仮に年間12万円だったとします。
すると、住宅ローン返済と固定資産税の支払いで112万円。
実質の返済負担率は35%になります。
残った65%で日々の生活費やこどもの教育費を支払い、将来に向けて貯蓄していくわけです。
キャッシュフロー表を作成しないなら、「住宅ローンを返済していけるかどうか判断するために」最低でもここまでは計算しておきたいところです。
単純に税込年収で返済負担率を計算してはいけません。
住宅ローンの不安なし、苦しい節約なし、教育費、老後資金への不安なしの新しいマイホーム購入方法はこちらで知ることができます。
↑残りあと3日です。お見逃しなく!