年収300万でマイホームトップ>マイホーム資金計画>建物の固定資産税はいくらかかるのか?」
こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローン返済、元金均等返済はほんとに有利なのか?」
住宅ローンの返済方法は二つあります。
一般的に返済条件が同じなら元金均等返済の方が総返済額が少なくて有利だと言われています。
試算してみましょう。

【住宅ローン条件】・借入額2,500万円
・返済期間35年
・金利2.49%
・フラット35

元利均等返済の場合の総返済額は37,480,624円。
元金均等返済の場合は35,919,621円
差額は1,561,003円です。
この通り、同じ条件なら元金均等返済の方が総返済額は少なくて済みます。
でも、返済額が違います。
元金均等返済は最初111,398円ですが毎月少しずつ返済額が減っていきます。
元利均等返済の場合は89,239円でずっと一定です。
この返済額の違いを利用して元金均等返済より元利均等返済の方を有利にする方法があります。
その具体的な方法は次回に~

▼住宅ローン関連記事
繰り上げ返済VS初めから短く借りる
お金を貯める前に住宅ローンを借りたほうが得かどうか
住宅ローンの返済額の目安はいくら?

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね