こんにちは~!
徳島のマイホーム購入専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローン支払えなくなったら家を貸せば済むのか?」
前回の記事「住宅ローン支払えなくなったら家を売れば済むのか?」にて、家を売ろうとしてもなかなかすんなり売れるわけではないとお伝えしました。
「売れないんだったら貸せばいいじゃん。家賃収入で住宅ローン支払って俺超ハッピ~」と思われたかもしれません。
賃貸に出すにしても色んなハードルがありますね。
まず、借りてくれるかどうかわからない。
賃貸に出してすぐさま借り手が付けばいいですが、借り手がつくまでは苦しくなった住宅ローン支払いを続けなければいけません。
さらに、いくらで貸せるかどうかわからない。
住宅ローンの返済額と同じくらいの金額で借りてくれればまだいいです。
でも、毎月10万円近くの返済額だったりしたら借りる方もわざわざ借りなくなって自分の家を買いますよね。
住宅ローンの返済額が10万円で、7万円で借りてくれたとします。
すると、毎月の家賃+住宅ローン差額3万円+固定資産税を支払うようになります。
固定資産税が12万円だとすると、家賃は6万円未満にしないと支出が減らないですね。
さらに、「エアコンが壊れたから替えてくれ」とか、「どこそこが壊れたから直してくれ」みたいな出費も発生します。

マイホームからいきなり家賃5万円台の賃貸だと、生活のギャップも激しいいと思います。
こうならないように、事前の返済計画はしっかりと立てておきましょう。

どうすれば、住宅ローン返済に困ること無くマイホーム購入できるのか、秘密を知りたくありませんか?