住宅ローンの借り入れは多いほうが得?消費税アップにともなって、
住宅ローン控除の枠が大きくなります。

住宅ローン控除とは住宅ローンの借入額に対して
所得税や住民税を減免してくれるものです。

住宅ローン控除で返ってくる税金が大きくなるので
頭金を手元に置いておいて、
住宅ローンの借入額を大きくした方がいいのでしょうか?

では、どちらが得か実際に計算してみます。

条件は以下の通りです。
世帯年収が600万円
土地と建物と諸費用合わせて3500万円の家を買います。
住宅ローンは金利2%で35年返済です。
頭金として出せる金額は500万円です。

この場合で、頭金500万円を入れた場合と
入れない場合でどちらが得か計算します。

まず、頭金を入れた場合、
10年間で受けられる住宅ローン控除の額は
約265万円です。

頭金を入れない場合、
10年間で受けられる住宅ローン控除の額は
約309万円です。

頭金を入れないほうが住宅ローン控除は
44万円多く受けられます。

では、住宅ローンの利息はどうでしょうか?
500万円余分に借りたほうが190万円住宅ローン利息を
余分に払わないといけなくなります。

ただ、手元にある頭金を住宅ローン控除が終わった後に
繰り上げ返済できます。
その場合、余分な住宅ローン利息支払いは約60万円になります。
(繰上返済返済額軽減型の場合)

差し引きすると、16万円頭金を入れて
住宅ローンの借入額を少なくしたほうが得ということになります。

これはあくまで一例です。

借り入れする住宅ローンの金利や返済年数
年収などにもよって変わってきますので
あなたの状況に合わせて計算してみてください。