こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
この時期の風は本当に気持ちがイイですね。
車の窓から入ってくる涼しい風を浴びるだけで少し幸せな気分になります。
さて本題
「住宅ローン審査に落ちてしまった時はこんな風に思ってください」
住宅ローンを組むときには、銀行などによる住宅ローンを組めるかどうかの審査があります。
審査でみられるのは
・年収
・他からの借り入れの有無
・勤務先の規模
・勤続年数
などなどです。
審査の結果、残念ながら審査に落ちて住宅ローンを組めないこともあります。
「審査に落ちた」という事実はショックかも知れませんが、「審査に落ちたほうが良かった」と思ってください。
なぜなら、審査に落ちたということは「住宅ローンを組めたとしても返していけなかったかもしれない。」からです。
住宅ローンを組めないことより返していけないことの方がダメージが大きいです。
住宅ローンを組めなかったとしても生活は現状維持ですが、返していけないと現状維持どころかひどいマイナスになります。
返していけなくなって家を売ったり競売に出したりしても、土地の値段がすごい上がったりしない限り残っている住宅ローンがチャラにならないと思います。
ということは、住宅ローンの返済を抱えたままアパートやマンションの家賃も支払わないといけないということになります。
住宅ローン組む前は家賃だけの支払いでした。
今は全体的に金利が低いので、住宅ローンも借りやすいです。
ただ、借りやすいからと言ってホイホイ借りるんじゃなくてしっかり返していけるかどうかの計算をしてくださいね。

【関連記事】
住宅ローン関連記事
住宅ローンの他に住居費として考えたほうがいいもの
住宅ローン減税とは
もう一つの住宅ローン返済方法

応援して下さい!ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ人気ブログランキングへ
ちょい役立ちで1つ、大いに役立ったで2つお願いします