住宅ローンに困らないマイホーム購入計画

住宅ローン変動金利とは

LINEで送る
Pocket

住宅ローン変動金利とは、適用される金利が半年に1回変わる住宅ローンのことを言います。

半年に1回金利の変動がありますが、返済額が変わるのはほとんどの場合で5年に1回です。

金利が下がると、返済額に占める金利の割合が減るので元金の減りが早くなります。

金利が上がると、返済額に占める金利の割合が増えると元金の減りが遅くなります。

元金の減りが遅くなると、5年に1回の返済額が変わるタイミングで大きく返済額が増える可能性があります。

しかし、変動金利型住宅ローンの場合「激変緩和措置」として、返済額の変動は以前の返済額の1.25倍までとされていることがほとんどです。

一見この激変緩和措置は住宅ローン返済者のことを考えたいい制度のように思えます。

しかし、この激変緩和措置が発動される状況は決していい状況ではありません。

仮に、以前の返済額が毎月10万円で、金利が上昇したので本来なら返済額が毎月15万円になるはずだったとします。

しかし、激変緩和措置で毎月の返済額は12.5万円に抑えられます。

本来なら15万円の返済なのに12.5万円です。足りない2.5万円はどうするのか?

それは、元本の返済を減らして利息に充てられます。

ということは、さらに元本の減りが遅くなりいつまでたっても住宅ローン返済が終わりません。

さらに、金利が急上昇した場合、返済額に占める利息の割合が100%を超えることもあります。

例えば、返済額が10万円なのに利息支払が12万円という場合です。

この場合、毎月2万円が未払利息として残っていきます。

未払利息は分割で支払ったり、返済期間終了時に一括で精算するなどして最終的には支払う必要があります。

変動金利住宅ローンでも元金均等返済で返済すれば未払利息は発生しません。

しかし、この場合金利の上昇によってあがる返済額が1.25倍までという激変緩和措置はありませんので注意が必要です。

変動金利型住宅ローンは返済終了まで低い金利で推移すれば、住宅ローン利息支払を大きく減らすことができます。

しかし、金利が上昇すれば返済額アップや未払利息が発生するというリスクを抱えることになります。

変動金利はどんな人に向いているのか?

変動金利型住宅ローンが向いているのは、「返済期間が短い人」「毎月の返済額にかなりの余裕がある人」です。

返済期間が短ければ、金利が上昇するリスクが少なくなります。

そのため、現在の低金利のメリットを最大限享受できます。

また、返済期間が長い場合でも毎月の返済額にかなりの余裕があれば変動金利型住宅ローンでも問題ないと思います。

かなりの余裕とは、変動金利の金利が最悪6%や7%になったとしても返済できるくらいの余裕です。

上記2つに当てはまらない場合は変動金利を利用するのはリスクが高いと思います。

ハウスメーカーや銀行から提示される、目先に低い金利に飛びつかないようにしましょう。

リスクが高い買い物になってしまいます。

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

「いいね!」しておくと欲しい情報を見逃すことがありません

LINEで送る
Pocket

ピックアップ記事

  1. 住宅ローンの組み方で失敗しないためにプロがやっている5つの手順
  2. 住宅ローンの繰上げ返済が損になるもう1つの理由
  3. これをやるまで家買うな!ライフプラン表をエクセルで作る16の手順
  4. 本当に賢い住宅ローン返済方法は、繰上げしない、長く借りる、なぜ?
  5. 住宅ローンを相談するファイナンシャルプランナーを失敗せず選ぶ方法

関連記事

  1. 住宅ローンに困らないマイホーム購入計画

    貯蓄スピードを加速させ、マイホームを3年早く手に入れるための方法。

    貯蓄スピードを加速させ、頭金を一気に貯める方法。また、住宅ローンの早期…

  2. 住宅ローンに困らないマイホーム購入計画

    住宅ローンは長く借りて早く返さない方がいい?

    家を買うと子どもが泣いてしまう7つの原因とは?住宅ローン、マイ…

  3. 住宅ローンに困らないマイホーム購入計画

    団体信用生命保険にホイホイ加入しない

    こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です…

  4. 住宅ローン

    住宅ローン借入、借換の裏技とは

    銀行の住宅ローン金利を見てみると「10年固定金利1.5%!」みたいに書…

  5. 住宅ローンに困らないマイホーム購入計画

    マイホーム購入用貯蓄は財形住宅貯蓄で

    こんにちは~!徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中…

  6. 住宅ローン

    無駄な住宅ローン利息を半分にしてしまう脅威のテクニックとは

    これから住宅購入を考えている人、現在住宅ローンを検討している人は必ず…

中川優也の著書、絶賛発売中!

マイベストプロ東京に掲載されています

マイホーム購入5つの失敗を防ぐチェックシート

マイホーム購入の手順、予算、建設会社、住宅ローン、土地選び、これらの失敗をチェックするだけで防げるチェックシートを無料で差し上げます

ダウンロードはこちらから

オススメ記事

  1. 変動金利住宅ローンの仕組み
  2. 住宅ローン 金利一覧表
  3. 住宅ローン審査、基準、期間
PAGE TOP