こんにちは!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローンを決めるときに絶対してはいけないこと」
住宅ローンって、種類も金利もたくさんあって決めるのを迷うかもしれません。
しかし、目先の返済額だけで決めるのは絶対にやめたほうがいいです。
以前ブログにも書きましたが、「家賃並みの返済額で買える!」みたいな広告に飛びついてしまうと後の祭りです。
3年間や5年間の固定金利期間が終わり、住宅ローン返済額や固定資産税が増え、支払えなくなって手放してしまうことになるかもしれません。
住宅ローンは生命保険とは違って、「見直したい」と思ってもすぐに見直しできません。
見直すにもまた諸費用がかかりますし、日数もそれなりにかかります。
さらに、また年収やら勤続年数やらの審査があります。
借入をした時より年収が下がっていたりすると借換自体ができないこともあります。
それに、見直したいと思ったときの金利がどうなっているのかわかりません。
なので、その住宅ローンでいいのかしっかり考えてくださいね。
「家賃並みの返済額で買える!」はほとんどの場合数年間だけです。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
住宅ローン審査の大きな要素、返済負担率とは
500万円安くマイホームを手に入れられるかもしれない本
フラット35、借り換え時、繰上返済時の注意点

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね