住宅ローンを払えなくなったら、家を売る貸す、で解決する?

住宅ローンを払えなくなっても家は売れないし貸せない


住宅ローンを払えなくなっても家は売れないし貸せない

家を買うにあたって、あなたも含めてほとんどの方が住宅ローンを利用されると思います。そしてその中の多くの方が、問題なく住宅ローンを払っていけるかどうかという不安をお持ちだと思います。

その不安を解消したり、その不安を抱えたまま家を買うことを後押しする理由の一つに、払えなくなったら場合には家を売ってしまえばいいという考え方があるかと思います。しかし、住宅ローンを払えなくなったら家を売ったらそれで済むのかというと、これはなかなかうまくいかないことが多いです。

住宅ローンを残したままだと基本的に家は売れない

例えば細かい事情は抜きに考えたとして、2,000万円の家を購入したとします。このとき頭金を払うお金がなかったので、2,000万円全額を住宅ローンで借りたとします。そして、こういったことはあまりないかとは思いますが、家を買ってすぐに住宅ローンの支払いに困ってしまったとします。

その際に、2,000万円で買った家なので2,000万円で売って住宅ローンをチャラにしたいと思われるかもしれませんが、恐らく2,000万円で売ることはできません。仮にこの家が、引き渡しが終わってすぐの状態であなたがまだ住んでいない家だったとしても、2,000万円で売ることができない場合がほとんどです。

家の値段にはハウスメーカーや工務店の利益も含まれている

なぜかというと、その家の価格には建築会社さんや工務店さんの利益が含まれているからです。例えば2,000万円のうち、400万円や500万円はそのメーカーの利益となり、メーカーの利益の部分は家の価値には反映されません。ですから、例えば2,000万円のうち500万円がメーカーの利益だったとすると、その家は1,500万円でしか売れないわけです。

住宅ローンが2,000万円残っていて、1,500万円でしか売れません。このような状態では家は売ることができません。住宅ローンが残っている家は、基本的に住宅ローンの支払いが済んでいなければ売れません。この場合現金で500万円用意する必要があるわけですが、500万円も現金が用意できるのであれば、そもそも住宅ローンの支払いに困っていないわけですね。

債務整理などで、住宅ローンが残っている状態でも売ることはできます。しかし、その家に住めなくなります。

このように、住宅ローンの支払いに困ったら家を売ればいいのかというと、そううまくはいかないということです。全く方法がないわけではないですが、せっかく手に入れた家を損して手放すことになってしまう可能性があります。

ですから、住宅ローンの支払いができなくなったら家を売ってしまえばいいと安易に考えて家の購入を決断してしまわずに、慎重に検討したほうがよいでしょう。

住宅ローンが残っている家を売れないなら、貸せばいいのか?

では、家が売れなければ家を貸して家賃をもらえばいいと考えられるかもしれません。では家を貸して家賃をもらうことで、本当に住宅ローンの支払をチャラにできるのでしょうか。

家を貸せば、家賃がまるまる入ってくるわけではない

例えば住宅ローンの返済額が月々8万円だったとします。これをそのまま毎月の家賃として家を貸し出したとしても、家賃が8万円ではチャラになりません。なぜかというと、その家はあなたの持ち物のままなので、固定資産税は変わらずあなたにかかってくることになるからです。

また、家の借用人からもらうお金は賃料だけですから、火災保険や地震保険は自分でかけておかなければいけません。さらに、借りてくれた方がずっとそのまま住み続けてくれればよいですが、人が変わるとなれば修繕をするなどそういったお金も必要になるわけです。そもそも借りてもらえるかどうかもわかりません。

ですから、家を貸したからといって住宅ローンがチャラになるかというと、必ずしもそうはならないということです。頭金を多めに入れて、住宅ローンの借入額を抑えることができていればチャラになったりプラスになったりすることもあるかもしれませんが、そうでない場合にはマイナスになってしまうケースが多いです。

賃貸に出したあとは、自分が家賃を支払わないといけなくなる

例えば住宅ローンの月々の返済額が8万円だとします。この家を貸して家賃を7万円にすると、1万円の赤字です。さらに固定資産税が例えば年間12万かかるとすると、月1万円がさらに赤字となり、合計2万円の赤字です。

自分が賃貸に移る場合には、この赤字を抱えたままさらに賃貸の家賃を払っていく必要があるわけです。例えばその家賃が6万円だとすると、家賃収入の赤字分と固定資産税を合わせた2万円の赤字を合わせて支出は8万円となり、結局毎月の支払い額は変わらないわけです。これでは払っていけません。

このように、住宅ローンの支払いに困ったら貸せばいいのかというと、これもなかなかうまくはいかないということです。借り手を見つけるのにも手間や時間がかかりますし、これを不動産屋さんにお願いすると恐らくお金もかかると思います。

ですから、住宅ローンを支払っていけるのかという不安を解消する理由の一つとして、返せなくなったら売ったり貸したりすればよいと簡単に考えてしまうことはやめたほうがいいでしょう。

住宅ローンを払えなくなったらと考えるのではなく、払えるように計画を立てる

そもそも、「住宅ローンを払っていけるかどうか不安だけど、もしダメなら家を売ったり貸したりすればいいや。」という状況ではマイホームを買うべきではありません。

なぜなら、上に書いたとおり売っても貸してもどうにもならないこともありますし、住宅ローン返済の不安を抱えたまま家を買ってしまうと、まともな家も買えませんし、家を買ったあとの生活も窮屈なものになるでしょう。

それについて詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

住宅ローン返済の不安を抱えこまないためにすべきたった1つのこと

マイホームを買うという決断は、住宅ローンをしっかりと払っていけると判断できてからにしましょう。

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  • 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  • ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  • 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  • 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  • 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

「いいね!」しておくと欲しい情報を見逃すことがありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中川優也

「理想の家と豊かな暮らしを両方手に入れるためのコンサルタント」 子どもの時から母子家庭で育ち、お金で苦労をする。「お金の苦労を終わらせる!」という決意の元、お金に関するあらゆることを学習、実践する。ついにオリジナルの誰でもお金持ちになる方法を開発。 500件を超えるコンサルティングを行い、多くのクライアントが理想のマイホームとお金に不安のない暮らしを実現している。北海道から沖縄まで、全国から多数コンサルティング依頼を受けている。